« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の2件の記事

2012年7月22日 (日)

飽きもせず…

またニョロニョロに行ってしまいました…。

カメラ替えたばかりで操作にてこずり、ろくな写真が無かったけど…。Ku写真の個体で120センチ、体重4キロ以上。

船長曰く、これでも「まあまあ」のサイズらしい。
アナゴの概念が崩れそう…。


※掲載写真のサイズや位置が均一でないのはご容赦ください。試行錯誤中です…。

2012年7月19日 (木)

3大ニョロニョロ制覇!

突然ですが僕はニョロニョロした魚が好きです。
ニョロニョロしててデカい魚は特に好きです。(普通の魚この限りではない。というか小さいほど好きだったり…)

で、そういう魚を狙って捕まえている(釣っている)わけです。
これまでに釣った巨大ニョロニョロは
025_2
沖縄産オオウナギ。

これは完全に観察目的だったのと、近年数が少なくなってきているという理由で
撮影、測定後すみやかにリリース。
1メートル、2キロの中学生サイズだったけれど知恵を絞って釣りあげたのでとても嬉しかったなあ。
(オオウナギは地元の方がよくはえ縄や置きバリで釣っているが、竿とリールで釣った人はあんまりいないので特に感激。)

それからこちら
Photo_3
東京湾の「アナコンダ」ことダイナンアナゴ(かつてはクロアナゴと混同されていた模様)。

包丁、まな板と比較するとその強烈な太さと長さがわかるはず。
これは写真を見てもわかるようにかば焼きにして食べました。

その様子はデイリーポータルZの記事(http://portal.nifty.com/kiji/120517155577_1.htm)からどうぞ。

そして先週末、帰省のついでに立ち寄った京都にて日本三大ニョロニョロフィッシュの大トリ、この子を釣ってきました!

Imgp0285_2
ビワコオオナマズ!!
小さいころから憧れていて、ずっと間近で観察してみたかったんだよね~!
ちなみにルアーで釣りました。

ビワコ“オオ”ナマズというには少し小さいけれど、思い続けていた時間が長かった分嬉しかった一尾。
実はもう一尾、とんでもなく大きそうなのを掛けたんだけど見事に逃げられました…。悔しい!

Imgp0289_2
間抜け面がとってもかわいい!

顔立ちは普通のナマズ(マナマズ)に比べて少し面長。
体色は紫がかっていてエキゾチック。
素晴らしい魚です!!
Imgp0297_3
口には短い針のような歯が無数に並ぶ。釣り糸は慎重に選ばないと擦り切られます。

…なんだか「食べたの?」と聞かれそうですが、大慌てで写真撮って大急ぎでリリースしました。

その理由はまず調理が困難な旅先だったこと、そして地元の釣り人に深く愛されているので殺してしまうのは忍びない…と思ったこと。その二点です。

だが後者は僕の思い込みであったことが明らかに。
ビワコオオナマズ、ものすごく邪険に扱われていました(笑)!

その理由は、他の魚を狙っている際に誤って釣れてしまうと大暴れして釣り場を荒らすから。とのこと。
うーん、好く嫌うは個人の自由だけど、こんなに素敵で釣っても楽しい魚を嫌うなんて考えられない!というかもったいない!

ああ~、京都の人は綺麗な街に住んでビワコオオナマズにも会えて贅沢だな~。
京都に住もうかな。

そんなこんなで国内巨大ニョロニョロハンティングは一段落!

次はどのニョロニョロを狙おうかな?
タウナギ?ハモ??オオカミウオ???リュウグウノツカイ!?!?

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »