« ヤシガニ | トップページ | コーンスネーク&ピンクマウスストラップ »

2012年12月15日 (土)

オトシンクルスの採集動画

本ブログはできるだけ自分で撮影した写真を使って更新するよう心がけているのですが、
たまには息抜きということでYoutubeの動画を紹介して楽しちゃいます。

観賞魚として(または水槽に発生する茶色いコケの掃除係として)非常にポピュラーな
通称「オトシンクルス」(Otocinclus affinisを南米の川で採集する動画です。

川面の小さなさざ波を一掬いすると…

まず一網で獲れる数に圧倒されますね。
南米の河川の豊かさが良くわかります。

ただ、一網とはいえこれだけの量を獲るというのはちょっとやりすぎな気も・・・。

まあ、捕まえる数といい採集後の処置といい、
この一行はほぼ間違いなく観賞魚としての売買を目的とした業者の方々かと思われます。

僕も観賞魚飼育を趣味にしていたことがあったので、
ショップに売られている魚の多くはこのようにして集められているのか…と再確認して
ショックを受けた映像です。
(僕はお店で購入する魚はブリード個体のみに限り、いわゆるワイルドものには手を出さない主義でしたが…。)

まあ、この映像に写されている分だけでは批判の材料としては不足です。
単価の安い小魚の採集をこれだけで切り上げていたら、業者としては良心的な方ともみなせるでしょう。
逆にこの映像の後も獲れるだけ獲っていたならもはや乱獲としか言えませんし…。

この映像だけを見ても、意見が分かれるでしょう。
「これだけうじゃうじゃいるなら多少獲っても平気平気。」とも言えるし、
「こんな獲り方を続けてたらあっという間に数が減ってしまうよ!」とも言えます。

とにかく観賞魚や昆虫類、エキゾチックアニマルなどを愛好する人には、
一度この手の動画や資料をしっかりと見てみることをお勧めします。

それにしてもこの動画ではどうして一ヶ所にオトシンクルスがこんなに密集してたのかなー。
産卵?でもオトシンクルスってこんなに群れで一斉に産卵するようなタイプには見えないんだけどなー。

どなたか詳しい方、教えてください!

« ヤシガニ | トップページ | コーンスネーク&ピンクマウスストラップ »

」カテゴリの記事

コメント

確かに一網でこの漁獲量はすごいものがありますね・・・

やはりナマズの仲間だから、ゴンズイ玉みたいのを作ってるのかな??

オトシンクルスなんて、正直安い魚(失礼)だから、大量にブリーディングしてるのかと
思ってました・・・

デイリーポータルZの記事中に出てくる「ハラガケガメ」は「腹欠け亀」ではなく「腹掛け亀」ですよね。

>滋賀県民さん

そのようですね。
ご指摘ありがとうございました!

半端な知識のまま、確認もせずに物を書いてはいけませんね。失礼しました。
訂正させていただきます。

>アラパイマさん

養殖モノも出回っているのかもしれませんね。
そうでなければ、わざわざ野外採集してあの価格で流通させても利益が出るほど大量に漁獲できるということなのかもしれません。

オトシンクルスはゴンズイのように遊泳性の強い魚じゃないので、
普段から水面直下であんな群れを作っているとも考えにくいんですよねえ…。

現地では日本で考えるよりも自然保護は根強く浸透しているみたいです。なんと禁猟時期があります。国自体で保護対象になっている魚もあると聞いたこともあります。オトシンのブリードは聞いたことがありませんね。繁殖成功は聞いたことはありますが・・
産卵形態はプレコ同様流木などに生み付けだった記憶があります。動画をみると他の場所でも波紋が広がっていて酸欠?ポイ気がします。

>アクアリウムバス 亀さん

先日のアクアリウムバス会場では突然の訪問にもかかわらずありがとうございました!

この動画も実は「乱獲に見える」ワンシーンを切り抜いただけなのかもしれませんね。
禁漁期などで厳しく管理している日本のアユ釣りも、解禁日の盛況ぶりだけを海外で報道したら
「日本人、こんな小さな川で採捕圧かけすぎだろ!しかも遊漁で!」って言われるでしょうしね。

もし実際酸欠で浮いてるのなら多少間引きしても問題ないのかもしれませんね(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/48337982

この記事へのトラックバック一覧です: オトシンクルスの採集動画:

« ヤシガニ | トップページ | コーンスネーク&ピンクマウスストラップ »