« ウツボ釣れた! | トップページ | 深海性エソ? »

2013年2月 4日 (月)

サソリを食うinバンコク

誤解している方が多いようなので言っておきます。

某サイトでは深海魚やら虫やら亀やら、割と変なものを食べている様子を公開しているので意外に思われるかもしれませんが、僕はゲテモノ食いが嫌いです。

いや、ゲテモノと称されるような食材を食べること自体は悪いことだと思っていません。
「とりあえず話のタネになるし~」とか「こんな変な者食べちゃう私って超アンダーグラウンド!個性爆発でかっこいい!」みたいなノリで、「目立ちたいから」とファッションとして妙な食材を食べることが嫌いなのです。

「ファッションゲテモノ食い」はハッキリ言ってかなり下品な趣味だと思います。
そんな薄っぺらな動機でギャーギャー騒ぎながら食べるのでは、食材である生物たちに失礼だと思うのです。

「じゃあお前はどういう理由でいっつも変なモン食ってんだよ」と問われれば、

格好つけて言うと、「知的好奇心を満たすため、生物およびそれを取り巻く文化への造詣を深めるために食べている」と答えます。
たとえば、「変わった生態の生物は、食味も変わっているはずだ。一体どんな味なんだろう?」とか、
「自分が暮らす土地ではゲテモノ扱いされているけど、よその土地では食材として珍重されている生き物がいる。実はおいしいのか?」とか、
「この生き物、誰も食べないけどそんなにまずいのか?なら具体的にはどれくらいまずいんだ?」といった疑問に突き動かされて食べているのです。

・・・なんだかネガティブな話になってしまいました。
なぜこんなことを書いたかというと、今回はあえてその「下品なゲテモノ食いたち」をターゲットにした食べ物に挑んだ時のことを記事にするからです。

その食材が何かと言うと・・・

Imgp2981
こちら。
サソリです。

場所はタイの首都バンコク。
バックパッカーの聖地と称されるカオサン通りにて、海外からの観光客向けに販売されていたものです。

Imgp2978               「スコーピオン!スコーピオン!」…って見ればわかるよ!

こんな感じで売り子さんが観光客に声を掛けながら売り歩いています。
で、旅先で浮かれてる観光客グループがホイホイ買って、
大げさに目を剥いて咥えた写真を撮りながらきゃあきゃあ騒いで食べるわけです。

うーん、まさにゲテモノ食い!

こういう商売に加担するのは気分がよろしくなかったのですが、
以前にデイリーポータルZに掲載されていたほそいあやさんによるこちらの記事を読んで以来、
このサソリ料理には興味を持っていたので食べてみることに。
(ほそいさんは異常に強い食への探求心から真摯に珍食材と向き合っている方です。誤解無きようお願いします。)

Imgp2983                硬い。

値段はまあ観光客向けだから高かろうとは思っていたのですが、最初はなんとタイなら安宿で一泊できるほどの値段をふっかけられました。
値切って値切って、最終的にかなり安くはなったのですがそれでも屋台でなら3食済むほどの価格(と言っても500円程度)。
それ以上の交渉はめんどくさくなって同行者と割り勘で購入、一匹を分け合って食べました。

おそらくペット用に養殖されたチャグロサソリ(サソリの同定に自信ありません。間違っていたらどなたかご指摘を・・・)の流用かと思われるので、多少高くつくのは納得です。

まあ、野外採集個体だったらさらに高くなるでしょうが。

素揚げした後にタレ(ナンプラーベース?)にドブ漬けしているようで、かなり味付けが濃い。
素材自体の味は、典型的な「節足動物の味」といった感じ。けっこうおいしいです。

特筆すべきはその外骨格の硬さ。
お盆の上でもひと際大きな個体を選んだこともあるのかもしれませんが、
「アメリカザリガニかよ!?」というくらい歯ごたえがあります。サワガニレベルを想像していたので驚きました。

特にハサミが硬い。噛み砕く瞬間に「ガリッ、バキッ!」という音が鳴ります。
破片が口内に残り、飲み込むタイミングがわかりません。
胴体はそれに比べるといくらか食べやすく、パリパリ、サクサクとした食感が楽しめます。

まあ、なかなか面白い体験でした。

こういう商売が成り立ってるってことは、ゲテモノ食いも生物に関わる立派な文化と言えるのかもなあと思ったりもしました。
今の世の中、もはや食欲を満たすこと、舌を楽しませることだけが食事の役割ではないのかもしれません。
そう遠くない未来にはこういう「悪ふざけの食文化」が市民権を得るのでしょうか。それはそれで、物質的な豊かさの証明ではあるので喜ばしいとする見方もありましょう。

・・・それでも俺はゲテモノ食いを認めんけどな!!

« ウツボ釣れた! | トップページ | 深海性エソ? »

虫(昆虫以外)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、デカいサソリですね!
私も何処かの居酒屋でサソリのから揚げ食べた事がありますが、これがアメリカザリガニとすれば、わたしの食べたのはサクラエビ程度のヤツでした。

デイリーポータルの記事も拝見しましたミズウオの拾い食い(笑)、自分でやろうとは思いませんが面白かったです。
お腹こわさないように気を付けて、これからも頑張ってください。

ゲテか否かの判断というのは、非常にデリケートですよね。
私は自分で釣った魚は全部食べるようにしていますが、ゴンズイなんかは人によってはゲテかも
知れませんし。
タガメを食べるなんてのも、日本にしてみりゃゲテ(というより貴重な生き物を!!!)って感じですが、
タイでは普通に売られてますよね。

でも、テレビとかで貧相なテレビ芸人が、現地の物を食べて大騒ぎしている姿なんかには辟易しますが。


・・・タガメと言えば、幼稚園の頃、買ってもらった昆虫図鑑を半端に覚えこんでいたせいで、幼稚園の
帰り道に見かけたナガメをタガメと混同し、捕まえては水中に放り込んでいた痛い過去が・・・((+_+))

>raohjpさん
ありがとうございますー!

サソリは知名度とインパクトの割りに誰でも抵抗無く食べられるのでけっこう人気があるようですね。
いろいろなところで見かける気がします。

こう見えてお腹壊しそうなものは徹底的に避けている(バラムツなどは除く)ので大丈夫・・・なはずです(笑)。
それでも今後はいっそう気をつけます!お気遣いありがとうございます!

>アラパイマさん
少なくとも、それを食べる文化がどこかに存在している食材や料理は軽々しくゲテモノ扱いしてはいけないと思います。
その食文化とそれを培ってきた民族すら否定することになりますから。

タイのタガメですが、現地の方のお話だと近頃の若者は気味悪がってあまり食べないそうです。
年配の方にはお好きな方も多いようですが。
また、一口にタイと言ってもとても広いですから地域にもよるのでしょう。
日本と同じく、流通網の発達以前は蛋白源の確保が困難だった内陸部ほど虫食文化は根強かったりするかもしれません。

はじめまして。
デイリーポータルZから流れてきました。
私も生き物大好きですが、ニョロニョロや虫は苦手で…。
でも平坂さんのレポートやブログを読んでいるうちに、彼らにも少しずつ親近感がわいてきた気がします。
蚰蜒記事読むのは勇気が要りましたが、思いのほかシュールな絵に癒やされました。(同じことやれって言われても絶対ムリだけどっ)
私は平坂さんの自然な文体と写真が好き。あと、おいしくないもの食べてる表情。何かグッときました(笑)
これからも体を張ったレポート楽しみにしてます。

こんにちは。デイリーポータルで面白いな、と思う記事がいつも平坂さんの記事で、こちらにも流れてきました。いつも楽しく拝見しております。

食文化に対する意見、同感です。テレビで、わーきゃーいいながらネタとして取り扱われるのは、なんか違うな、と思ってしまいます。

ところでサソリはそんなに硬いのですね!意外!今回の記事ではありませんが、菊芋、食べたいとおもいました。芋投稿、今後もよろしくお願いします。

では、これからも記事楽しみにしています。失礼します。

たびたびお邪魔します。
デイリーポータルの深海イカの記事、私の田舎だったので嬉しかったです。
富山湾は水深が急に深くなるので深海魚は身近ですよね、ニギスとかよく食べますし…。

ところで、深海魚ネタが続いたので思い出したのですが、何十年か前に漫画家の鳥山明さんが、少年ジャンプの企画でシーラカンス食べてました!
古い記憶なので定かではありませんが、水っぽくて不味いとか、筋肉は水に溶けるとか書いてあったような気がします。
もしかしたら水に溶けるんじゃなくって、ミズウオのようにほっとくと水がでてくるんだったのかも…。

次回も楽しみにしております、頑張ってください。

こんにちは

私もゲテモノ食いは苦手です。
バンコク生まれのバンコク育ちは虫嫌いが多いです。
タイ、イサーン地方の人たちは大好きみたいですね。

ゲテモノ嫌いの私ですが、家内からはゲテモノ好き認知されています。
一般の方からすれば、釣り人はゲテモノ好きに見えるのかもしれませんね。
私の好物である箱フグの丸焼きなど酒のアテには最高のものですが
客観的に見れば皿の上はグログロかもしれません。
大きな魚種をさばいている時のスプラッター具合などなかなかですし。

添付したアドレスに私がエイを釣った場所を明記しておきました。
タックルの問題があるので難しいかもしれませんが、興味があればのぞいてみてください。

http://misplace-soul.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-39e9.html

では

>ゆりさん

ありがとうございます!
そう言っていただけると…とてもうれしいです。
ライターになった甲斐があったというものです。
今後ともよろしくお願いいたします!

>鈴木さん

ありがとうございます!
サソリは硬いですよー!味はいいんですがね…。
ただ、あちこちの屋台で遥かに安い値段で、遥かにおいしいオニテナガエビという大きな川エビが売られているので、
物好きな方以外はそちらを食べた方が良いかなーと。

>raohjpさん

記事には書きませんでしたが、ソデイカ釣りの前に同乗の方がニギスも釣っていました!
あの魚も一度食べてみたいです。

富山は僕たちのような魚好きにはとても恵まれた環境だなと感じました。
おそらく、リュウグウノツカイを狙って生け捕りにするなら、国内では富山湾がベストフィールドかなとも思います。

あと富山のスーパーの魚売り場も楽しかったです!活きた香箱ガニとかタラの子つけとか初めて見ました!初めて食べました!
また行きたいですねー。今度はホタルイカの身投げを見に!

>さいとーさん

たしかに、僕が釣った魚を持ち込むと、友人たちはたいてい「それ食べられるの…?」という顔をしますね(笑)。
ウマヅラハギやオジサンなど、釣り人にはメジャーでも魚屋やスーパーに並ばない種類は少々敬遠されがちな気がします。

エイ釣り情報ありがとうございます!
筋トレを積んで体力に自信が付いたら、向こうのスタッフを通して挑戦してみようかと思います。

次回は巨大コガシラスッポンとキングコブラを捕まえたいです。
情報をお持ちでしたらぜひご連絡を(笑)!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/49181815

この記事へのトラックバック一覧です: サソリを食うinバンコク:

« ウツボ釣れた! | トップページ | 深海性エソ? »