« タイ遠征報告 | トップページ | サソリを食うinバンコク »

2013年2月 2日 (土)

ウツボ釣れた!

昨年秋、東伊豆にて初めてウツボをキャッチしました。
クモウツボは沖縄の磯で何度か掬ったことあったんですが。

Imgp1413                 釣るのに夢中で、一番最初に釣れたチビちゃんしかカメラに収めてなかった…。

ウツボなんて伊豆に行けばうなるほどいる。とは聞いていたのですが、本当にものすごく濃厚な魚影。

釣りで狙ったのですが、久々に「入れ食い」を体験できました。
ちなみにエサはサンマと豆アジのぶつ切り。

ウツボといえば磯のヒエラルキーのほぼ頂点。
それがあんなにたくさんいるというのは、それだけ伊豆の海が豊かだということなのでしょう。

このポイントには憧れのトラウツボもいるそうなので、
3月にもう一度、「深海魚拾い」のついでにでも再挑戦しようかなと思っています。
あと、同行者がこの背後の林で外来種であるタイワンリスを目撃したそうです。
僕は一瞬振り向くのが遅くて見ることができませんでした…。

暖かくなったらそちらも撮影せねば!

« タイ遠征報告 | トップページ | サソリを食うinバンコク »

」カテゴリの記事

コメント

平坂さん、始めまして。

いつもDPZの記事を拝見させていただいてます。

ウツボはほかの魚とは一味違う釣り味ですよね。伊豆大島に住んでいた頃、メバル用の仕掛けに掛ってきました。
針から外すときの恐怖ったら…(怖)その後、塩焼きにしていただきました。

大島の磯ではウツボ:トラが5:5もしくは、4:6くらいで結構トラウツボが多いです。(トラの方が浅瀬好き?)

あの島は他にも、タイワンリスやタイワンザル、クジャク、キョンといった外来生物も多いですし、オカダトカゲやシマヘビの黒化個体もいて、なかなか面白いですよ。( ̄ー ̄)ニヤリ

近年はハードコーラルや死滅回遊魚が定着し始めているので、そちらも興味深いです。


これからも、独特な目線で書かれた記事を楽しみにしています!

平坂さん、初めまして。
いつもDPZの記事を読ませていただいてます。

自分は岐阜の生き物好き高校生なんですが、金華山周辺でも野生化したタイワンリスを見ることができますよ。
おそらくタイワンリスとふれあえる金華山リス村から脱走した個体だと思われます。

自分は釣りもよくしますが、これから暖かくなると大きいカムルチーやアユを追ってスズキが遡上してきたりしておもしろいですよ。
ぜひ岐阜周辺に来られるときは声をかけてください。一度お話ししてみたいです。

これからも、DPZとブログ楽しみにしています!

>wingeiさん

はじめまして!&ありがとうございます!

伊豆大島はまだ上陸したことすらないのですが、生物相が良くも悪くもやや日本離れしていてとてもおもしろい島だと聞いています。
トラウツボも多いとあってはもう行くしかありませんね!

食文化でも、ウツボなどムロアジ類以外での魚で作る島外不出のくさやがあるという話に
とても魅かれています。
せっかくですから天気のいい夏に訪問したいですねえ。

今後もご期待に沿えるよう精進してまいります!


>タツヤさん

ありがとうございます!

岐阜へは晩秋に行われる串原のへぼ祭りに参加するために2度訪れたことがあります。
とても自然がきれいな土地で感激しました。
特に淵の底まで見とおせる川の水の澄みっぷりに驚きました!

僕は長崎→沖縄→茨城と清流にあまり縁の無い土地を渡り歩いてきたので、
釣りキチ三平に出てくるような綺麗な川に感激し、一人ではしゃいでしまいました(笑)。
あんな環境に親しめるタクヤさんが本当にうらやましいです。

しかし岐阜にもタイワンリスがいるとは!知りませんでした・・・。ちょっと残念なニュースです。
そういえば串原の山の中でも立派なリスを見たのですが、あれはニホンリスだったんでしょうか・・・。
そうであることを願います。

岐阜にはまた行きますので、その際はぜひぜひ案内してくださいね!

では今後ともよろしくお願いします!

>タツヤさん

タクヤさんって誰だ。
失礼しました、タツヤさん!

お、今頃アップされてる(笑)

ウツボ釣り楽しかったねー。まあ僕はあのときついた傷が手相になって残ったけどねー(笑)
また誘うよ。次はもしかしたら九州で、かもしれんけど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/49133911

この記事へのトラックバック一覧です: ウツボ釣れた!:

« タイ遠征報告 | トップページ | サソリを食うinバンコク »