« またまた深海ザメ釣り | トップページ | ハブを食う »

2013年4月15日 (月)

横浜でカミツキガメ捕獲

現在、東北におります。
こちらはまだ寒いです。

で、良い機会なので初めてスマホから更新してみます。
テストを兼ねて。

さて、昨年印旛沼水系でカミツキガメを釣りで捕獲しましたが、
(参考:https://portal.nifty.com/kiji-smp/120618156059_1.htm)
その後、横浜のある河川にも生息の可能性があるとの情報を現地の釣り人から得ました。

結局、昨年は挑む機会が無かったのですが、
今年もようやく暖かくなってきたのでちょっと確認してみることに。

その結果…


Image

狙い通りのポイントで一匹捕獲成功。


Image_2

体重3kgほどとまだまだ若いであろう個体でしたが、
やはり同甲長の普通のヌマガメ類と比べるとかなりマッチョで迫力があります。

ペットルートで持ち込まれた個体が捨てられて定着したであろうことは間違いないでしょう。

名前と見た目のインパクトから、オオクチバスやセアカゴケグモと並んで
外来種の代表格としてメディアで扱われる本種。
やや大袈裟とも思える報道が毎年なされる一方で(少しでも危険が有る以上、いっそ大袈裟に煽った方が安全なのかもしれませんが…。)
こんな大都市の川に生息している事実は地元民だけが知っている状態にとどまり、
なかなか発信されないのですね。

おそらく、カミツキガメが潜む池や川は僕たちが考える以上に多いはずです。
というのも、カミツキガメは他の国産カメと違ってめったに陸に上がりません。

わんさか生息している印旛沼水系でも、水上で姿を見たことはありません。

毎年のように報道される路上におけるカミツキガメ捕獲のニュースは
本種の生態からするとかなりイレギュラーな事態であると言えます。

濁った水の中にいるカメを見出すのは極めて困難です。
見つかっていないだけで、僕らの家の近所にもいるのかもしれません。

色々考えてしまいますね。

ちなみに、カミツキガメは特定外来生物に指定されているので
飼育はもちろん、生かした状態での移動も禁止されています。

ですのでこのカメは捕獲直後に標本となり、冷凍便で知人の元へ送られていきました。

なんかあの記事を書いて依頼、カミツキガメを欲しがる人が増えてきました…。

« またまた深海ザメ釣り | トップページ | ハブを食う »

爬虫類」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

私は水面を見るとふらふらと寄って行ってしまうという悪癖があるんですが、
確かにカミツキガメだけは見たことがないですね・・・

まあ生態を考えれば当然なのかも知れませんが、平坂さんのおっしゃるとおり、
これだけ目撃情報があるとすると、かなりな生息数なのかも知れませんね・・・

忌忌しき事態ではあるのでしょうが、この眼で見てみたいと、ちょっと思ってしまったり (^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/51236938

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜でカミツキガメ捕獲:

« またまた深海ザメ釣り | トップページ | ハブを食う »