« 2011年の獲物をいまさら振り返る | トップページ | カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus »

2013年5月14日 (火)

2012年の獲物を振り返る

続いて2012年まとめ~。

「冬は海、夏は山と川」のスタイルが固まりつつあった昨年。
どんな生き物を見てきたっけかな?

Photo_5
1月東京湾:ダイナンアナゴ(クロアナゴ?)

01_2
2月駿河湾:バラムツ。肛門が大変なことに…。

13
3月茨城:オオキベリアオゴミムシ。カエルに寄生するというすごい生活史で有名。らしい。

10
5月利根川:ハクレン

Photo_6
6月千葉:カミツキガメ。でかくてかっこよくて美味い。

P1060984

6月伊豆:アムールハリネズミ

P1060946
6月駿河湾:アブラソコムツ。お尻?そりゃあ油まみれになったよ!

Imgp0285
7月京都:ビワコオオナマズ。小型だけど感激しました。

Imgp0310
7月京都:カワヒバリガイ。動かない生き物は見つけるのが楽だと心から思いました。

Imgp0351
8月東京湾:ドチザメ

Imgp0736
8月東京海底谷:ヘラツノザメ?眼が満月みたいで綺麗。

Imgp0746_3
8月東京海底谷:深海アナゴ。見た目の割に美味い。

38
10月沖縄:国際通りのオオメジロザメ

Imgp1560
11月富山:ソデイカ。自分で釣りたかった!

12
11月関東:カムルチー。まさかの手づかみで捕獲。

Photo_7
12月タイ:カオサンロードのミズオオトカゲ

Dsc08299
12月タイ:巨大淡水エイ「プラークラベーン」


…振り返ってみると、「えっ、コレ全部去年1年間の成果!?」と言う感じです。

2011年と比べるとずいぶん「大物」が増えた感じです。
また、印象としては虫を追う機会が減り、魚類が増えました。

特に深海魚釣りを始めたのは、僕の人生における悪いターニングポイントになってしまったのではないかと怯えています(笑)。
だって超楽しいんだもん…。

ちなみに、釣り船というものに乗ったのは実を言うとこの年がほぼ初めてでした。
初乗船が巨大アナゴ、2度目がバラムツ、3度目はドチザメ、4度目は深海、
海外に出れば巨大エイといった具合に、船に乗ってもまともな釣りをしていませんね…。
そういう「変な釣り」を提供してくれる船があることに感謝感謝です。

また、千葉のカミツキガメに始まり、国際通りのオオメジロザメ、
果てはカオサンロードのオオトカゲと「街中の怪生物ハント」の興奮を覚えた年でもありました。

この1年間の経験で、自分が興奮できる「生き物との出会い方」が具体的に分かってきた気がします。

今年もだんだんと暑くなってきました。
そろそろ本格的に動き出したいと思います!

« 2011年の獲物をいまさら振り返る | トップページ | カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus »

その他雑記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつもDPZで記事を楽しく読ませてもらっています。
今年も様々な生物との出会いをお祈りしています♪
そして記事にしてください(笑)

先日、アクアリウムバスに行くことが出来ました。
紹介くださり、ありがとうございました!
とっても面白かったです。

これからも応援しています☆

こんにちは。

改めて見ると2011年、2012年ともにすごい量&質ですね。
でも他にもまだまだいそう♪

刺してくれないサソリやブルーグリーンのカタツムリ(タニシでしたっけ?)も印象に残っているのですが…
彼らとの出会いは2010年以前のことになるのでしょうか?

今年もたくさんのいきものとの出会いがあるといいですね!
でもケガとか毒とか気を付けてくださいね。

…それにしてもラストの写真、半澤さんイイ笑顔です(笑)

カミツキガメって美味しいのですか?
今度、料理してください。

みかげさん

ありがとうございます!
今後も精進してまいります。

アクアリウムバス、楽しいですよね。
現在ちょっと関東を離れているので足を運べませんでした。

今後は生き物そのものだけでなく、それにまつわるイベントやその他のお仕事(伝統漁法など)も取材し、
どこかで記事にできたらいいなと考えています。

ゆりさん

ここでは主に「初めて見た!or久々に見たけどやっぱかっこよかった!」という生き物を羅列しました。

アオミオカタニシと西表のサソリはギリギリ2010年でしたね。
あ、実はあの後、大きな方のサソリ(マダラサソリ)には刺してもらえましたよ!鼻の頭を(笑)!

そう!半澤さん超いい人なんですよー!!
めちゃくちゃ爽やかな青年でした。タイに放出してしまうのがもったいないくらい(笑)。

また近いうちに彼の元も訪ねたいですね。
実は魚以外の生き物についてもものすごく詳しいので、色々楽しいことを教えてもらえるんじゃないかと期待しています。

カミツキガメ美味いですよ!
鍋と唐揚げしか試してませんが、その2品に関しては間違いなくおいしいです。

詳細はデイリーポータルZに書いたこちらの記事を参照してください!
https://portal.nifty.com/kiji/120618156059_1.htm

魚がどれもでかすぎでしょうw

いつもDPZで様々な生物の記事、興味深く見させていただいてます。
自分が知らない専門分野の話、好きです!

あと先日お見かけしました!
たぶんご本人だと思うんですが、実物もかっこよかったですgood

ディープな記事楽しみにしてます
これからも応援してます☆

>きじむんさん

2012年を迎えた時点では、人生で釣りによって捕まえた自己最大魚は3kg程度のアメリカナマズや子ザメだったのですが、
正月早々に4キロ弱のスズキ、その数週間後には4キロオーバーのスズキ、春に5キロオーバーのハクレン、
夏には8キロのドチザメ、13キロのアブラソコムツという具合に急ピッチで記録を更新してしまいました。
そして年末には一気に測定不能レベルの巨大エイにまで・・・

もうあのエイよりでかい魚は釣れなくていいです。キツイから(笑)。
今後は釣りをするなら、そんなに大きくなくても感動、興奮できる魚を狙っていきたいですね。

>なるこさん

えっ、うそ。
どこでですか?

最近あまり人の多いところは出歩いてないから人違いじゃないかと思うんですがね~。
でも「かっこよかった」ってことはやっぱり僕なんでしょうね~。間違いないでしょうね~。

お返事ありがとうございます♪
二度見しちゃったけど人違いだったのかもしれませんね。残念ですw
場所ですがディ○ニー○ンドでした。

ずっとDPZで見ていた方とやりとりしている事にちょっと感動してます。
(ヒカリエでDPZの面々とお会いしたドキドキ感を思い出しました)

これからも素敵な記事楽しみにしてます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/51619303

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の獲物を振り返る:

« 2011年の獲物をいまさら振り返る | トップページ | カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus »