« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の5件の記事

2013年5月28日 (火)

カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus

南米にはペーシュ・カショーロ(ポルトガル語でペーシュは魚、カショーロは犬を指すので「犬の魚」という意)
という魚がいます。

その名の通り下顎には肉食獣を思わせる立派な牙が生えていて、
非常に見栄えが良いので日本でもアクアリウム雑誌や釣り雑誌、
時にはテレビでも頻繁に紹介されます。

観賞魚店で幼魚が販売されていることも…。

格好いい魚なので東西の魚好きにとっての憧れの存在です。
僕もその例に漏れず小さな頃から大ファンです。

で、数年前ブラジルのパンタナールへ行った時のこと。
暇さえあれば川で釣りをしていたのですが、やたら釣れまくったのがこの魚。

1
カショーロ・ファッコン

地元の人たちはみんなペーシュ・カショーロと呼んでいましたが…。

日本で一般的にペーシュ・カショーロと呼ばれるのは、もっと体高があるHydrolycus属を指すことが多いのですが、
この種類はそれとはちょっと違う
Rhaphiodon属の魚。

現地ではその辺の魚は全部ひっくるめてペーシュ・カショーロ呼びなんですが、
細かく区別する必要がある場合のみ「カショーロ・○○」と具体的な呼称を用います。

ファッコンは山刀のような大ぶりのナイフのことなので、
カショーロ・ファッコンは「ナイフみたいなペーシュ・カショーロの一種」という意味合いになります。

確かに間近で見ると細長くて薄っぺらな銀色の魚体は刃物を想起させます。
体表がデリケートな点や歯が鋭い点も含めてタチウオに通じる雰囲気があります。

2

他のカショーロたちと同じく、牙は大きくシャープ。
釣る場合は釣り鈎やルアーの手前にワイヤーを仕込まなければいけません。
釣り糸だと簡単に切断されてしまうので…。
(というかパンタナールやアマゾンにはカショーロやピラニアなど歯が鋭い魚が異様に多いため、ワイヤーの使用は基本。)

4

カショーロ・ファッコンは群れで川を回遊しているので、釣れないときはまったく釣れません。
しかし一度群れが回ってくると文字通り入れ食いに。
新品のルアーがあっという間に上の写真のような姿にされます。

たくさん釣れるし見てくれが良いので遊んでもらうのは楽しいのですが、
ヒョロヒョロ、ペナペナの体型ゆえかあまりパワーが無いので、魚のファイトを楽しみたい人には退屈かも。


でも何十匹と釣っていると、この魚特有の珍現象が起こります。

3_2

この写真、どういうことか分かりますかね?

そう、釣り鈎が口に刺さってないんです。
ルアーのフックが牙に絡まって上がってきたんです。
奇跡的。

もう一枚、こんなことも。
5

これはどうなっているかと言うと…

6

ルアーの金具に牙がガッチリはまり込んで抜けなくなってしまっているんですね(笑)。
寄せてくるまでによく牙が折れなかったものだと感心しました。

こんなことが2回も起こるなんて…
これを応用すれば釣り鈎なしでこの魚を釣る方法が確立できそうですね。
ルアーに金具を取り付けまくるとか、金属素材のメッシュで包むとか…。

そういえばこの魚、たくさんいるんですが食用にするという話は聞きませんでした。
漁師さん曰くおいしくないそうで、釣れてもすべて逃がしていました。

見た目から判断するにひどく不味いってこともなさそうですが、小骨は多そう。
まあナマズやピラニア、コロソマなど文句なしにおいしい魚がうじゃうじゃいる川なので
ちょっとでもマイナス要素のある魚は無理に食べる必要もないのでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------

ドラード・カショーロという呼称について

ところでこのカショーロ・ファッコン。
日本の観賞魚業界ではドラード・カショーロと称されることがあります。
ドラードとは「金色」という意味なので銀一色のこの魚に付ける名前としては違和感があります。

前々から疑問に思っていたのですが、実際に生息地を訪れてみてボンヤリと背景が見えてきた気がします。

地元の人は皆この魚を「ペーシュ・カショーロ」「カショーロ・ファッコン」あるいは単に「カショーロ」と呼び、
誰一人として「ドラード・カショーロ」などとは呼んでいませんでした。

ところがある時、僕が現地で捕まえた魚の写真を地元の人に見せていると突然
「これはドラード・カショーロという魚だよ」
と驚きの一言が。

思わぬところで、ついにドラード・カショーロの正体が明らかに!
それがこちら!

Photo

……。
パイクカラシンのことだったのか…。

P1000349
真のドラード・カショーロの顔。

なるほど。こいつも確かに「カショーロ」を名乗れるだけの立派な牙をもっています。
体色も金色がかっているし、ばっちりと名が体を表している。

これなら納得いきますね。

僕が思うに、この2種は生息地と「カショーロ」の名がもろにかぶっているため、
日本の観賞魚シーンに広く知れ渡るまでにどこかで伝達ミスが生じてしまい、
現在のような混乱を生みだしてしまったのではないでしょうか。

ゴキカブリがゴキブリに~とか、yezoをyedoと間違えてトウキョウトガリネズミに~とか、
そんな間違えははいつでもどこでも頻繁に起こるもの。
ましてそれが日本~ブラジル間の地球を半周する伝言ゲームならある程度は仕方がないとも思います。

今後はネットの発達でそういうミスは起きにくくなり、過去の間違いが少しずつ正されていくのでしょうか?
そうなるといいですね。

2013年5月14日 (火)

2012年の獲物を振り返る

続いて2012年まとめ~。

「冬は海、夏は山と川」のスタイルが固まりつつあった昨年。
どんな生き物を見てきたっけかな?

Photo_5
1月東京湾:ダイナンアナゴ(クロアナゴ?)

01_2
2月駿河湾:バラムツ。肛門が大変なことに…。

13
3月茨城:オオキベリアオゴミムシ。カエルに寄生するというすごい生活史で有名。らしい。

10
5月利根川:ハクレン

Photo_6
6月千葉:カミツキガメ。でかくてかっこよくて美味い。

P1060984

6月伊豆:アムールハリネズミ

P1060946
6月駿河湾:アブラソコムツ。お尻?そりゃあ油まみれになったよ!

Imgp0285
7月京都:ビワコオオナマズ。小型だけど感激しました。

Imgp0310
7月京都:カワヒバリガイ。動かない生き物は見つけるのが楽だと心から思いました。

Imgp0351
8月東京湾:ドチザメ

Imgp0736
8月東京海底谷:ヘラツノザメ?眼が満月みたいで綺麗。

Imgp0746_3
8月東京海底谷:深海アナゴ。見た目の割に美味い。

38
10月沖縄:国際通りのオオメジロザメ

Imgp1560
11月富山:ソデイカ。自分で釣りたかった!

12
11月関東:カムルチー。まさかの手づかみで捕獲。

Photo_7
12月タイ:カオサンロードのミズオオトカゲ

Dsc08299
12月タイ:巨大淡水エイ「プラークラベーン」


…振り返ってみると、「えっ、コレ全部去年1年間の成果!?」と言う感じです。

2011年と比べるとずいぶん「大物」が増えた感じです。
また、印象としては虫を追う機会が減り、魚類が増えました。

特に深海魚釣りを始めたのは、僕の人生における悪いターニングポイントになってしまったのではないかと怯えています(笑)。
だって超楽しいんだもん…。

ちなみに、釣り船というものに乗ったのは実を言うとこの年がほぼ初めてでした。
初乗船が巨大アナゴ、2度目がバラムツ、3度目はドチザメ、4度目は深海、
海外に出れば巨大エイといった具合に、船に乗ってもまともな釣りをしていませんね…。
そういう「変な釣り」を提供してくれる船があることに感謝感謝です。

また、千葉のカミツキガメに始まり、国際通りのオオメジロザメ、
果てはカオサンロードのオオトカゲと「街中の怪生物ハント」の興奮を覚えた年でもありました。

この1年間の経験で、自分が興奮できる「生き物との出会い方」が具体的に分かってきた気がします。

今年もだんだんと暑くなってきました。
そろそろ本格的に動き出したいと思います!

2011年の獲物をいまさら振り返る

去年(2012年)に撮影あるいは捕獲したインパクトのある生き物を振り返ろうと思ったけど、
ここ2,3年の収穫がごちゃごちゃになりつつあるので2011年からざっと整理。
いい機会だし。

Photo
3月:ゼブラダニオ、プレコをはじめとした沖縄の野良熱帯魚

2
3月:枯葉そっくり、ナンヨウツバメウオの幼魚ほか沖縄の磯の生き物

Photo_2
3月:沖縄、オニダルマオコゼ

Photo_3
3月:沖縄、大型ヤシガニ

024
3月:また沖縄、オキナワキノボリトカゲ。草っきれで「釣り」ました。

025
3月:またまた沖縄、オオウナギ。

16
3月:やっぱり沖縄、スッポン。初めて食べた。さばくの難しい。

039
3月:沖縄、クロイワトカゲモドキ。天然記念物。

Photo_4
3月:もいっちょ沖縄!オオジョロウグモ♀ 網を張るクモでは日本最大。

P1020601
6月:関東、生まれて初めて捕まえたタガメ。手を刺されてすごく痛かった。

2_2
いつだっけ?:関東、アメリカナマズ。なんでわざわざ釣竿くわえてんだろ?

001
7月:大阪、セアカゴケグモ。同行者撮影の写真。

033
7月:大阪、エスカルゴ(ヒメリンゴマイマイ)。


…あれっ。もうあんまり思い浮かばない…。

獲物として印象深かったのはこんなもんか?
案外少ないな…。

しかもほとんどが数日間の沖縄旅行で見つけたものっていう…。

それに7月以降は何してたんだろう?冬眠?

まあこの年はスプーン(食器)で魚釣ったり、
コンビニの店舗をライトトラップ代わりにして虫を採ったりと
獲物自体よりも捕獲法の新しさを求める傾向が強かったし、こんなもんなのかも。

とりあえずはっきり分かったことは、沖縄に依存しすぎだということです…。

2013年5月 8日 (水)

バチ抜け

現在、故郷である長崎におります。

先程、なかなか眠れないので久しぶりに長崎の海を覗いてみようと散歩に行ってきました。
ずっと見てみたかったあるものが見られるかもしれないと淡い期待を抱いて…。

その「あるもの」とはこちら。

Bachi1_2

スカイフィッシュの群れ!!

…などではなく、ゴカイの仲間の大群です。

ゴカイといえば砂地や石の下にミミズのように潜っているイメージですが、
こいつらはひらひらと水面近くを泳いでます。

これは春先に限って見られるゴカイをはじめとする多毛類も繁殖行動で、「バチ抜け」と通称されます。

(現在では全国的に多毛類をバチと言い慣わすそうです。主に釣り人が。)

バチ抜けは多毛類を食べるスズキなどの魚を寄せるので釣り好きには馴染みの現象のようです。

今日は漁港の一角に集まっていました。
ちょうど防水コンデジを持っていたので水中撮影を試してみたところ…

Bachi2

けっこう素早く泳ぐのでぶれぶれになってしまいました…。

でも密度の高さは伝わるかな?
苦手な人には地獄絵図っすね。

でもこの「バチ」、ずいぶんと小さい。

Bachi3

体長は2センチほどしかなく、ずいぶん寸詰まりな体形。
どちらかと言うと同じ環形動物ならヒルっぽい印象です。
何という種類だろう?

釣り餌の青イソメや砂虫なんかとは大違いですね。


もうそろそろバチ抜けのシーズンは終わりでしょう。
滑り込みセーフで観察できてよかったよかった!!

そういえば、近いうちにある「ゴカイ」を探しに行こうと思案中。
でもダイオウイカをはじめ、他にも探しに行かなきゃいけない生き物がいっぱいいるのでどうなることやら…。

ターゲットに優先順位をつけるのが辛いです…!

2013年5月 6日 (月)

ハブを食う

せっかく暖かくなったのですが、現在フィールドから遠ざかっております…。
6月に予定している深海ザメ釣りの脳内作戦会議(というか妄想)が一日の最大の楽しみという悲しい生活!!

寂しいので毎晩寝る前にPC内の写真データを整理しています。

すると以前このブログでもちらっと触れたハブ料理の写真が出てきましたので追記も兼ねてここでさっと紹介。
もう4年も前のことです。
Img_0581
ハブの頭。毒腺はここにあるので落としてきちんと処理します。

以前も書きましたが、「ハブは美味い」です。
僕は基本的に一度味を覚えてしまった野生動物を何度も採って食べることはしないタイプなのですが、ハブはリピートしました…。
その価値があると思ったのです。

Img_0574
こうしてとぐろを巻いているのは、ハブが警戒して攻撃態勢に入っているサイン。こちらも十分に警戒しましょう

捕まえ方はごく簡単ですが、具体的な紹介は控えます…。
子供やヘビに不慣れな方が不用意に真似をすると大変な事故に直結しますので。
どうしても実行されたい場合はハブの扱いに慣れた人物と同行しましょう。
ハブキット(ポイズンリムーバー)も忘れずに。

Img_0594_2
この時捕獲したハブは全長が背丈ほどもあるなかなかの大物。

その日は自然好きな仲間同士で沖縄北部の山林「やんばる」へキャンプに向かっていました。
その道中で大きなハブを発見、捕獲して観察していたところある女性メンバーが何の脈絡もなく「食べたい。」とほざきはじめたのでその場で頭をはねて血抜きし、夕食の食材メンバー入り。

落とした頭はしっかりと土に埋めて処理します。

Img_0674_2
やんばるは清流が豊富なので、キャンプ時は助かります。

魚のように腹を割き、内臓を取り除いてから靴下を脱がせるように皮を剥いでよく洗います。

Img_0680
皮はスルッとキレイに剥けます。

Img_0679
身はしばらく流水にさらしておきます。
しっかり血とにおいが落ちたら適当な大きさにぶつ切りし、塩こしょうで味をつけて網焼きにして完成。

Img_0691
いい匂い。

食べている場面の写真は一枚もありませんでした…。
なぜなら予想外の美味しさに皆奪い合うように食べていたから。
こういう野趣あふれる食材がやや苦手な人までも。

魚やカエルのようなさっぱりした味わいを想像していたのですが、実際はかなり脂が乗っていてジューシーでした。
豚のスペアリブのような鶏モモのような…。

ちなみに肉付きが一番いいのは背中でした。
あとはほとんど肋骨でしたね…。当然ながら。

美味しかったなあ…。
またそのうち食べられるかな…?


ハブ毒について
ハブの毒は筋肉をはじめとするタンパク質を溶かす毒です。
言うなら超高性能な唾液ですね。
例え命の危機に至らなくても、溶かされた筋肉の繊維は二度と再生しません。
例えば手を咬まれて握力を大幅に失った人を知っています。
そうなるとリハビリやトレーニングを繰り返しても元には戻りません。

コブラ類の神経毒ほど致死率は高くありませんが、咬まれると大なり小なり確実に後遺症が残ってしまうということです。
怖いですね。気をつけましょう。

ちなみに、ハブに手を咬まれても握力60キロを誇っている人もいますが、
その人は柔道の達人で、元々の握力は90キロ以上あったという化け物です。

うーん…。こうやってもしもの時のリスクを考えるとハブ肉、確かに美味しいけどやっぱりそこまでの危険を犯してまで食べるもんじゃないかもしれん
スーパーで買えるスペアリブとモモ肉でも十分美味いし(笑)!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »