« 横浜でカミツキガメ捕獲 | トップページ | バチ抜け »

2013年5月 6日 (月)

ハブを食う

せっかく暖かくなったのですが、現在フィールドから遠ざかっております…。
6月に予定している深海ザメ釣りの脳内作戦会議(というか妄想)が一日の最大の楽しみという悲しい生活!!

寂しいので毎晩寝る前にPC内の写真データを整理しています。

すると以前このブログでもちらっと触れたハブ料理の写真が出てきましたので追記も兼ねてここでさっと紹介。
もう4年も前のことです。
Img_0581
ハブの頭。毒腺はここにあるので落としてきちんと処理します。

以前も書きましたが、「ハブは美味い」です。
僕は基本的に一度味を覚えてしまった野生動物を何度も採って食べることはしないタイプなのですが、ハブはリピートしました…。
その価値があると思ったのです。

Img_0574
こうしてとぐろを巻いているのは、ハブが警戒して攻撃態勢に入っているサイン。こちらも十分に警戒しましょう

捕まえ方はごく簡単ですが、具体的な紹介は控えます…。
子供やヘビに不慣れな方が不用意に真似をすると大変な事故に直結しますので。
どうしても実行されたい場合はハブの扱いに慣れた人物と同行しましょう。
ハブキット(ポイズンリムーバー)も忘れずに。

Img_0594_2
この時捕獲したハブは全長が背丈ほどもあるなかなかの大物。

その日は自然好きな仲間同士で沖縄北部の山林「やんばる」へキャンプに向かっていました。
その道中で大きなハブを発見、捕獲して観察していたところある女性メンバーが何の脈絡もなく「食べたい。」とほざきはじめたのでその場で頭をはねて血抜きし、夕食の食材メンバー入り。

落とした頭はしっかりと土に埋めて処理します。

Img_0674_2
やんばるは清流が豊富なので、キャンプ時は助かります。

魚のように腹を割き、内臓を取り除いてから靴下を脱がせるように皮を剥いでよく洗います。

Img_0680
皮はスルッとキレイに剥けます。

Img_0679
身はしばらく流水にさらしておきます。
しっかり血とにおいが落ちたら適当な大きさにぶつ切りし、塩こしょうで味をつけて網焼きにして完成。

Img_0691
いい匂い。

食べている場面の写真は一枚もありませんでした…。
なぜなら予想外の美味しさに皆奪い合うように食べていたから。
こういう野趣あふれる食材がやや苦手な人までも。

魚やカエルのようなさっぱりした味わいを想像していたのですが、実際はかなり脂が乗っていてジューシーでした。
豚のスペアリブのような鶏モモのような…。

ちなみに肉付きが一番いいのは背中でした。
あとはほとんど肋骨でしたね…。当然ながら。

美味しかったなあ…。
またそのうち食べられるかな…?


ハブ毒について
ハブの毒は筋肉をはじめとするタンパク質を溶かす毒です。
言うなら超高性能な唾液ですね。
例え命の危機に至らなくても、溶かされた筋肉の繊維は二度と再生しません。
例えば手を咬まれて握力を大幅に失った人を知っています。
そうなるとリハビリやトレーニングを繰り返しても元には戻りません。

コブラ類の神経毒ほど致死率は高くありませんが、咬まれると大なり小なり確実に後遺症が残ってしまうということです。
怖いですね。気をつけましょう。

ちなみに、ハブに手を咬まれても握力60キロを誇っている人もいますが、
その人は柔道の達人で、元々の握力は90キロ以上あったという化け物です。

うーん…。こうやってもしもの時のリスクを考えるとハブ肉、確かに美味しいけどやっぱりそこまでの危険を犯してまで食べるもんじゃないかもしれん
スーパーで買えるスペアリブとモモ肉でも十分美味いし(笑)!

« 横浜でカミツキガメ捕獲 | トップページ | バチ抜け »

爬虫類」カテゴリの記事

獲って食う」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。まずは羨ましき限りなのですが、
剥かれた皮の行方は如何に?(たしか楽器の三線に使われるんでしたっけ?)
上から3枚目の写真からするとベルトにも使えそうですね。

>石-珪素

すみません、コメントお返しできてませんでした!

この時に採れたハブの皮は同行の知人が持って帰りましたよ!
確か壁に飾ると言っていたような・・・。

三線の胴に張られる蛇皮はニシキヘビのものだったかと思います。
ハブは細いので、よほどの大物でも三線の胴をカバーできる幅の皮は採れないんじゃないかなーと・・・。

なぜ沖縄固有の楽器に海外のニシキヘビが?と長年疑問だったのですが、そういえばろくに調べもせず放置していました(笑)。
いい機会なのでちょっと調べてみますね!

初めまして。生物観察が好きな者です。
デイリーポータルも過去ナンバーから全て楽しく読ませていただいてます。
平坂さんの記事が大好きです。
FBでは生物関連の日記は公開されないのですか?もしされる際は、是非ともフォローしたいです(*^_^*)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/51507618

この記事へのトラックバック一覧です: ハブを食う:

« 横浜でカミツキガメ捕獲 | トップページ | バチ抜け »