« カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus | トップページ | オオグソクムシほしい »

2013年6月21日 (金)

ガマの子

このブログを放置して早3週間・・・

いろいろと考えないといけないことや勉強しないといけないことが溜まって更新できずにいました。

ネタも大量にたまってきたし、そろそろ気分転換に記事書くかと思い立ったのですが、何を書こうと思っていたのかまったく思い出せず・・・。

最近は本当に記憶障害を疑うレベルで物忘れが激しいです(笑)。
なのでiphoneにたまたま入っていた写真でお茶を濁します。

2
ヒキガエルの子ガエル

5月中旬、自宅近くの公園にある人口池が真っ黒に縁取られていました。
正体は無数のヒキガエル(ガマガエル)の子ガエルだったのですが、その数が尋常でない。

上の写真でほんの20㎝四方ほどの範囲。
周囲100mほどの池が全周こんな具合なので総数は・・・
概算でも数えたくありません。明太子をバラして粒を数えるより気が遠くなります。

3

意外だったのが、水際から20~30㎝程度の場所で力尽き、干からびている子ガエルが多数見られたことです。

カエルというのはオタマジャクシの内は完全に水に依存した生活です。
でも陸上での活動に適したカエルの形態となれば、自由に水中と陸上の往来が可能!
・・・と言うわけでもないようですね。
まだまだ陸上での移動能力は未熟。乾燥への耐性も低いまま。
特に外敵に食われるわけで無いとしても、こうやってミイラになって朽ちて数を減らしていくのですね。
この貧弱さと引き換えにヒキガエルは「多産」という武器を身に付け、だからこそ一つの池を占領できるほどの子孫を次代に送り出せるのでしょう。

Photo

ところで、「カエルの子はオタマジャクシ」でありオタマジャクシ期間が終われば即大人のカエルになるのだと思っている人も多いようです。

実際はこのようにオタマの次には子ガエルというまだ未熟な段階が控えています。
オタマジャクシの期間は人間で言うとまさに赤ん坊。ハイハイをしている段階だとすると、子ガエルはせいぜいアンヨを覚えた頃あたりから10歳児くらいでしょうか。

卵を産めるようになるまでにはまだまだかかりますね。


ちなみにこの池、コンクリート作りで鯉もメダカも亀すらも放されておらず、動物はこの子ヒキガエルしかいません。水中にはオタマジャクシの天敵がいないわけです。
こんなに弱い生き物がこれほど高密度で生き残れた最大の理由はそれでしょう。

そういえば、バスフィッシングの愛好家たちはブラックバスがいる野池を探す時、オタマジャクシの密度を目安にするそうです。
オタマジャクシが異様なほどうじゃうじゃいる池はほぼ望み無しで、オタマがそこまで多くない池はルアーを投げる価値ありと判断するのだとか。

確かにバスをはじめ肉食魚が繁殖している池なら格好の餌となるオタマジャクシはそんなにたくさん生き残れないでしょうからね。

釣り人もよく考えるもんです。

« カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus | トップページ | オオグソクムシほしい »

両生類」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。

>確かにバスをはじめ肉食魚が繁殖している池なら格好の餌となるオタマジャクシは
>そんなにたくさん生き残れないでしょうからね。

オタマジャクシしか存在しない=最近水抜きをされて、陸を移動できるカエルだけがその湖で産卵した=他の小魚もブラックバスも存在しない

という理屈?が一応あるらしいですよ。

すみません、以前お返事を書いたつもりが反映されていなかったようです。

なるほど。水抜きの目安になるのですね!
確かに食う食われるの話よりはるかに説得力があります。

ありがとうございます、勉強させていただきました!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/52120108

この記事へのトラックバック一覧です: ガマの子:

« カショーロ・ファッコン Rhaphiodon vulpinus | トップページ | オオグソクムシほしい »