« クララァーーー!! | トップページ | ネブトクワガタ!!!とクワガタの「歯型」の話 »

2013年7月23日 (火)

日本にもサソリがいる

日本にも正真正銘のサソリが生息しているって知ってます?
日本と言っても沖縄県八重山諸島なんですが…

37

もう二年以上前でしょうか。そんなジャパニーズ・スコーピオンを探し求めて、東洋のガラパゴスこと西表島へ行ってきました。

探し方は簡単。適当な石や倒木、捨てられたベニヤ板なんかをひっくり返しては元に戻すの繰り返し。あとは場所選びと運。

サソリを探していると他の生き物も次々に飛び出します。
一番遭遇する機会が多いのはこちら

Dsc04307

サソリモドキ。
確かに前足がハサミだったり尻尾が長かったりしてサソリっぽくはあるけれど、よく見ると体のシルエットというかバランスは全然違います。

ちなみに酢酸系のものすごく臭い毒液をスプレーしてきます。目に入ると危険。

あと毒系ではこいつがヤバい。
Dsc04277

サキシマハブ。
これも日が傾いてから林道や登山道を歩くと高確率で遭遇します。
本島のハブより小型。

Img_0512

サソリよりヤシガニの方が出会いやすかったりも。

Img_0607

サソリ!?
いえ、これはマングローブ林に生息するオキナワアナジャコという甲殻類。
タワーのような巣を作ります。

Dsc04342

そんなこんなで2日かかってようやく見つけたのがこの国産サソリ第一号、「ヤエヤマサソリ」。
すごく小さいけどこれでも立派な大人。

P1000515

ものすごくおとなしいサソリで、素手でつまんでも全然攻撃してこない。
やっと毒針を振り回しても

P1000524

針が貧弱すぎて指の皮に刺さらない。

たぶんこの毒針はエサにしているシロアリなどの小さな虫を捕獲するためのもので、敵からの防御に使用することは想定(?)してないんでしょう。
毒も微弱。

でも万が一ってこともあるから絶対真似しちゃだめですよ。

P1010777

ヤエヤマサソリは内陸の湿った場所に多いようですが、海岸の乾いた倒木をひっくり返すともう一種のサソリが見られます。

P1010778

冒頭にも写真が出てきたマダラサソリ。
こっちはヤエヤマサソリよりちょっとだけ大型。
体型も異なり、尻尾が太い以外はよりシャープな印象。

39

こちらはやや攻撃的。ですがやはり毒針は軟弱で指の腹を貫けない。
まあ手のひらの皮って分厚いですからね…。

ちなみにその後、別の機会にいろいろ試してみたところ顔面など皮膚の薄い箇所は刺せることが分かりました。

鼻の頭を刺されましたが、あまり痛くありませんでした。
痛み自体もあっという間、1分と経たずに消えてしまいました。
特に腫れもしなかったし。

でも絶対真似はしないでくださいね!虫の毒への耐性は個人差が激しいので!

« クララァーーー!! | トップページ | ネブトクワガタ!!!とクワガタの「歯型」の話 »

虫(昆虫以外)」カテゴリの記事

コメント

はじまして、なかじまと申します。
釣り好き生き物好き旅行好きな中年です。面白くも興味深いブログ、これからも楽しみにしております。

ほんっと猛者ですね!!
結婚してください!!と言いたくなります。

Gunosyで出会いました。
今後も面白く巧みなご活動と文章を楽しみにしています!

なかじまさん

ありがとうございます!
今後もあちこちで色々な生き物を見てみたいですね。お互いに!


あきさん

喜んで!!と言いたくなります。
Gunosyというのは初めて知りました。
最近はいろんなサービスがあるんですね~。
これからも頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします!

ヤバすぎです!最高!

sakiさん

ハッハッハ。そうだろう?最高だろう?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/52570645

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にもサソリがいる:

« クララァーーー!! | トップページ | ネブトクワガタ!!!とクワガタの「歯型」の話 »