« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の4件の記事

2013年8月20日 (火)

「尻から油」の深海魚 アブラソコムツ&バラムツを食べる

「食べると尻から油が漏れる」ことで知られるバラムツ。
そしてなぜかその陰に隠れがちになってしまうが同様の症状をもたらすアブラソコムツ。


それだけでもかなりイヤだが、食べすぎると下痢や皮脂漏症などの健康被害ももたらすので食品衛生法により流通は禁止されている。

ちなみに沖縄や大東島では両種をいっしょくたにして「インガンダルマ」と呼ぶ。
これは「犬が(食べるとお腹を壊して)ダレる魚」という意味だそうだ。

こんな魚なので、両種とも食べるには自分で釣り船を出してもらって釣るしかない。


P1080316
バラムツ。シルエットは普通の魚だが、黄色く輝く目やバラの棘のような鱗などルックスも魅力的。

そんな魚、わざわざ苦労して食べることないじゃないかと言われるかもしれないが、そうもいかないのだ。だって美味しいから。
昨年から機会に恵まれ、何度も食べているがいっこうに飽きない。
あと、見た目もかっこいいし釣っても楽しいという魅力もある。


P1080335_2
かなりビジュアルの良い魚だと思うのだが、あまり同意は得られない。

P1080337
解体に使うまな板はベンチ!

調理法は煮ても焼いても美味いが、個人的にはやっぱり刺身が一番好きだ。

33
刺身、塩焼き、煮魚、丼…。どれも美味い。(左上の塩焼きもバラムツ。これほど小さいものは珍しい)ちなみに、これだけ食べると翌日は垂れ流しになるので外出できない。

ただし、この魚はかなりはっきりと好き嫌いが分かれる。
大トロに負けないほど脂が乗っていて、食感はブリのよう。なので、お好きな方にはたまらないが、そういうしつこい肉質が苦手な人はなかなか受け付けない。

そういう人は生食より加熱して脂を落とした方が食べやすいだろう。が、そうまでして体に悪い魚を食べることもないと思う。


P1060946
こっちはアブラソコムツ。見た目は「マグロのゾンビ」といった感じ。

バラムツは駿河湾で一年中釣れるが、アブラソコムツは大量に回ってくる夏~秋に限られる。
バラムツよりも胴周りの太いマグロ型の魚体で、見た目通り遊泳力が非常に強い。釣竿に掛かると上の写真程度のサイズでもちょっとした船上筋トレを強いられることになる。


P1060952
一緒に乗船した「魚解体マニア」の友人夫妻に捌いてもらった。菜切り包丁で。

肉質はバラムツによく似て脂肪で白濁している。見た目はほぼ同じ。
味は刺身で食べ比べると若干異なり、好みが分かれる。
ただし、具体的にどう違うのかと問われても説明できない。その程度の差。


P6270149
アブラソコムツのムニエル。

アブラソコムツやバラムツでムニエルを作る時は、フライパンに油をひかなくても身からドバドバ脂肪が溶けだして勝手に揚げ焼きになってしまう。なので頻繁に余計な油を捨てる作業が必要だ。

ちなみにどんなに焼いてもどんなに脂を絞ってもやたらジューシーで美味い。
上の写真を撮った日は刺身と一緒に山ほど食べたので、その晩に伊豆高原でハリネズミを探している最中に堤防が決壊して悲惨な目に遭った。
パンツを買いにコンビニまで40分くらい歩いたか…。



バラムツとアブラソコムツ、さらに油で揚げたらどうなる!?
さて、ムニエルですらジューシー&オイリーな両種を衣で包んで揚げるとどうなるのか。
気になっていたので昨冬に試してみた。


Imgp1705
フライと唐揚げ。どちらも上側がバラムツで下がアブラソコムツ。もう見た目も味も変わらないけど。

熱いうちにかぶりつくと、大量の肉汁がジュワァッ!!とあふれてくる。美味い!
…と思ったのもつかの間、口内にねっとりと絡みつくその「肉汁」がほぼ油脂であることに気付く。


Imgp1706

いくらなんでもしつこすぎる。マグロカツの内部に注射器でサラダ油を注入したようだ。
しかも食べながらにして尋常でなく胃がもたれる。
決して不味くはないのだが、たったこれだけの量を食べるのも一苦労だった。

結論:アブラソコムツやバラムツを揚げるのはあまりお勧めしません。

※釣り方や調理の詳細を知りたい方は2012年に書いたデイリーポータルZの記事 からどうぞ。

2013年8月19日 (月)

汽水にマツダイが!

先日、アカミミガメとクロダイを見ようと近所の川を散歩していると妙な魚が水面に横たわっている。

見た目も動きも南米産の淡水魚であるリーフフィッシュを大きくしたような感じ。
この手の魚は日本だとアレしか思いつかないが、汽水域に入り込むとは聞いたことがない。
むしろ外洋性の強い魚なのに…。

これは確かめねばと急いで釣竿を準備して捕獲。

Photo

シルエットはティラピア、頭の形はアカメ。
見慣れないけどかっこいいこの魚の名前はマツダイ。

沖合海面の漂流物に寄り添って暮らす魚で、たまに流されて港湾に溜まっていたりもする。
こいつは下流の港にいたのがうっかり川に入り込んだのだろう。
勾配が強く、細短い川なのでそう不思議ではないのだが、カメがいるエリアにまで遡上するとは…。ちょっとびっくり。

Imgp1562
ちなみに水面ではこんな感じに各ヒレを密着させて枯葉に擬態している。これは若いうちだけなのかな?

Imgp1557
額のえぐれがかっこいい。そして意外と歯が鋭く立派。

Imgp1646

まだ小さかったので迷ったけれど、なんだかんだで持って帰って刺身で食べてみた。
マダイに通じる「これぞ白身魚!」という味で、大変おいしい。

翌々日、「もしかすると海にはもっとたくさんいるのかな?」と気になり、川を下って港へ。

Photo_2
アカメ+コクチバス+リーフィフィッシュ+ダトニオイデス?

やっぱり入ってきていたマツダイ。
たくさんとは言えないが、2尾を目視。ルアーを投げると15センチほどのチビすけが遊んでくれた。

それにしてもマツダイは状況に応じてコロコロ体色を変える。
夜間、泳いでいる間は上の写真のように黄色っぽく、興奮すると黒っぽくなるようだ。
(上の写真はハリに掛けてから一瞬で水面に抜き上げ、撮影したものなのでまだ色が薄い)

Photo_3
分かる人には分かると思うが、どうにも汽水~淡水魚っぽい印象を受ける。

こちらはまだあまりにも小さいのでさすがに逃がしてあげた。
このマツダイ、実はけっこう大きく育つ魚である。
いつかそんな個体も見てみたいものだ。

シイラ船に乗らなきゃ無理かな…?

2013年8月16日 (金)

金魚の聖地・郡山 と水路の野良金魚

ある外来魚を求めて奈良県へ行ってまいりました。

道中、金魚養殖で有名な郡山に立ち寄る時間があったので、噂の野良金魚と野良メダカに対面してきました。

Imgp1501
大和郡山駅を降りると、看板には「金魚のふる里」の文字が

近鉄大和郡山駅から十数分歩くと、網の目のように養殖池と用水路が密集したエリアにたどり着く。

Imgp1505
当日は時間が無く、残念ながら金魚資料館は見学できなかった。

カメラを持ってウロウロしていると地元に方たちに「金魚の撮影?」と声を掛けられる。
どうやら金魚を見に来る物好きはそう珍しくもないらしい。

Photo
浅い養殖池では小さな金魚たちが品種・大きさ別に育てられている。

Photo_2
小赤から出目金、コメットまで品種は色々。

Photo_3
金魚に混ざって各種メダカの養殖池も

今回この養殖池群を訪ねたの真の目的は、増水などに乗じて養殖池からその水路へと逸出した「野良金魚」を見ること。
現地に着いたのは日没間際だったが、果たして明るいうちに見つけることができるのか。


Img_5505
いるいる。なかなか上手く撮影できなかったけど。

即見つかった。ある程度水深のある水路には高確率で金魚が泳いでいる。

Photo_4
背びれの無いランチュウ系の品種も水路にいて驚いた。

Photo_5
同様に驚いたのが、ヒメダカに混じって泳ぐ野良白メダカ。

ほんの短い時間だったが、野良金魚の観察は達成できた。
養殖業者さんに話をうかがったところ、野良金魚たちも元はと言えば貴重な商品であるわけで、出来る限り逸出防止に努めてはいるのだとか。
それでも毎年多少は逃げ出してしまうそうです。

野良金魚も自由になって良かったね!ってもんでもなく、派手な体色から外敵に狙われやすく、よく水路でサギに食べられてしまっているとか。(池には鳥よけのテグスが張り巡らされているので安心)

まあ元々いない魚が自然に入り込むというのは良いことではないし、業者さん的にももったいないので、今後はそういう面の改善も進むといいなと思いました。
金魚の稚魚・幼魚は本当に小さいから難しいだろうけど…。メダカに至っては言わずもがな。

ちなみに、この野良金魚に関してはデイリーポータルZで尾張由晃さんが書いたこの記事 に詳しいので、気になる方はぜひ。

2013年8月 4日 (日)

ネブトクワガタ!!!とクワガタの「歯型」の話

先日、ある実験のために地元長崎県の山に入りました。
小学生時代に友達とクワガタを捕まえて遊んでいた場所で、十数年ぶりの訪問でした。

実験に向いている場所を求めて散歩も兼ねて歩いていると、昔よくクワガタやカブトムシがたかっていたクヌギを発見。
ちらっと覗いたところ、樹液にはあの頃と変わらずカブトムシとコクワガタとヒラタクワガタ、それからカナブンにヨツボシケシキスイも集まっていました。

Imgp1286

「おー!変わってない!」と喜ぶと同時に「あの頃だったら目の色変えて捕まえまくってたかなー。」と自身の成長を確認。
俺も大人になったぜ。

しかし、ここで木の洞の入り口に、細かい筋の走った小さな甲虫の翅が見えた。

「ネブトォッッ!!」と(心の中で)叫び、すかさず洞へと指を突っ込んで捕獲。
地元ではとても珍しく、少年時代は一度も見つけられなかった「ネブトクワガタ」というクワガタムシだ。


Imgp1352
クワガタにしてはすっごく小さい種類なんだけどね。それでも見てみたかった。

せめて自然の中でのありのままの姿を写真に収めておいてもよかったのではと、今になって思う。

でもしょうがないのだ。
頭より先に体が動いたんだから。ほぼ脊髄反射だ。

小学生の頃から全然成長してませんでしたね…。

上のネブトクワガタの写真を見て「えっ、しょぼっ!」と思った方もいるだろう。
そういう方は(そうでない方も)一度「ネブトクワガタ 大歯型 」で検索をかけてみてほしい。
やたらガタイが良くていかしたネブトクワガタの姿を拝めるはずだ。

※クワガタは同じ種類でも大きさによって大顎の形がガラッと変わります。
上のネブトクワガタは一番小さくて貧弱な大顎を持つ「小歯型」と言うタイプ。

分かりやすい例としてノコギリクワガタの大・中・小歯型を紹介。


P1020872
大歯型

P1020659
中歯型

Imgp1348
小歯型

写真上段から順に大歯型、中歯型、小歯型となっております。

ね?同じノコギリクワガタでも全然印象が違うでしょう?

やっぱり大歯型が一番立派でかっこいい。
そしてランクが下がるにつれてだんだんと地味になっていく…。
子どもたちの人気の度合いも、基本的に歯型に応じて変化する。

この夏、クワガタを見かけたら「歯型」にも注目してみよう。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »