« マツダイ豊漁 | トップページ | 名護のキノボリトカゲビル »

2013年9月17日 (火)

2013年6月の東京海底谷探検(深海魚釣り)

最近NHKで深海ザメのドキュメンタリーが放送され、にわかに注目を集める東京海底谷。

名前の通り、東京湾の入り口から相模湾にかけて切り立つ深海底の峡谷で、隠れた深海魚たちの聖地です。

この首都圏から日帰りでアクセス可能な近海の秘境。
6月にまたまたまたまた行ってきました!
九州から飛行機使って泊りがけだったので全然手軽じゃなかったけど…。

とりあえず、いまさらながら写真の羅列で簡単に結果報告!


まずは毎度おなじみヘラツノザメと思しき深海ザメ(吻の形から判断するとサガミザメではないと思うんだけど…)。
今回はかわいいかわいい幼魚が釣れました。
Imgp0391_2

Imgp0392
細かいけれどシャープな歯がかっこいい。小さなヤリイカ(丸ごと)に食いついてきました。

Imgp0397
成魚は不気味なかっこよさがあるけれど、幼魚はなんか透明感があって可愛らしい印象。

Imgp0391

眼が満月のようにものすごく綺麗に輝く。
暗い深海で物を見るために発達している「タペータム」という反射板のせいなんだとか。
続いてはこれまた常連、というか出船すると必ず釣れてくれるホラアナゴの仲間。
Imgp0398
この前の記事でも紹介した「ホラアナゴノエ」という寄生虫にとりつかれていた個体。
他にも多数釣れましたが、あまり写真には撮られず、エサとして再びハリに掛けられて深海へダイブ…。



Dsc_0038
ちょっと浅い場所(と言っても水深300メートル以上)では美味しそうなユメカサゴも。

Fish1833
嬉しかったけど困ったのがこのシマガツオ。
エチオピアという別名の方が有名かも?
この魚が大量に回遊してきていて、水深250~450メートルのエリアならどこでも入れ食いに。

初対面の魚だったので最初は喜んだのだけど、数が多すぎて仕掛けを底まで落とせなくなったのにはさすがに参った…。

写真の2尾は同時に釣ったのだけど、左の個体は船上に取り込む際に甲板に体が触れてしまい、一瞬でやけどのように変色。
かなりお肌がデリケートな魚のようだ。

Dsc_0044
この魚もタペータムが発達している。
ちなみに刺身で味見したら脂が乗ってて最高でした!

Imgp0376
あと、ギスも大漁。
でも最近はもうみんなあまり感動しなくなってきました…。

そしてそして、今回最大の大物がこちら。


Fish1826
155センチ!9キロクラスの巨大アナゴ!

巨大になることで知られるダイナンアナゴ(もしくはクロアナゴ?)だけれど、ここまでのサイズを見るのは初めて。
水面に魚影が見えた瞬間はラブカかと思った…。

Imgp0386
この顎の筋肉!
噛まれたら絶対やばい!!

このクロアナゴは適応力が高く、浅い港から深海域まで広く生息している。
こいつも水深350メートルから引っ張りあげられたのにピンピンしていた。
自力で泳いで帰れそうだったので、撮影後リリース。

持って帰っても食べきれないし、そもそもクーラーに入らないから持って帰れないのだ。


はい。こんな感じでした。仕掛けを降ろすたびに何かしらの魚がハリに掛かってきたので退屈しませんでしたよ。
だいぶ深海魚釣りのコツが分かってきた感じかな。

今回、というか毎回東京海底谷探索でお世話になっている船は
横浜市の「道楽釣り船・てきと丸」 さん。

深海魚やサメ釣り興味のある方は一度お話してみるといいかもしれません。

なんで急に釣り船の宣伝を始めたかというと、
毎回こういう変な釣りのリクエストを聞いてもらって気が引けているからです…。
ここの船長さん超優しいんだもん…。

じゃあ最後に…。横浜は根岸の「道楽釣り船・てきと丸」、最高です(笑)!!

« マツダイ豊漁 | トップページ | 名護のキノボリトカゲビル »

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして~。
川崎市にて研究職をしているのですが、先日の昼下がりに研究所のトイレの個室で、
「ルアーのスプーンって語源は食器だよな…。スプーンにそれらしく針を付ければマス類もイチコロでは!?」
という天からの啓示を得たのですが、実行した先駆者がいらっしゃったとは!!!
しかもマスどころではなく、ミノカサゴまで釣ってしまうとは恐れ入りました…。

他の記事も全て楽しく読ませてもらいました。
これからも楽しい記事待ってます!

身近な東京湾でこんなに深海魚が釣れるとは。
世の中は意外なことが多いですね~。

このページから飛んでくる人が何人も居たので何だろう・・・と辿ってみたら平坂さんでしたか。
いつも有難うございます。
次回、深海でジギングしませんか?生きたモノしか喰わない魚もいるので・・・。

Capt.Aki

こたつむりさん

はじめまして~!

やっぱり「スプーンをルアーに」は釣り好きなら考えちゃいますよね!
ただ実際にやってみて、スプーン自体が重すぎるので、バスやマスなどスローに動かす必要がある魚にはとりあえず向かないかなと感じました。

青物のキャスティングゲームにはいいかも?フックを付けたスパナで釣る人いるそうですし。

お住まいの神奈川は静岡に次ぐ深海の玄関口じゃないですか!
興味が湧いたらいつか深海魚にも挑戦してみてくださいね。
新しい世界が開けてしまうかもしれませんよ!

Aki船長

こちらこそいつもありがとうございます。
毎回、甲板をいろんな汁で臭くして帰ってすみません…。

深海ジギングやります!絶対やります!
ミツクリなんかは死に餌の延縄には掛かったためしがないそうですしね…。

では次回に備えて沖縄でデカいジグを買い漁ってきますね。

今から楽しみです!

はじめまして~
北海道在住のジョンです
いつも楽しく読ませてもらっています
デイリーポータルの記事もいつも楽しく見ていました


バラムツ、マツダイ、クロアナゴ、、
どれも興味深くて一度この目で見てみたいです(・・そして食べてみたい::)


これからも楽しい記事を期待しています!

はじめまして!
実は去年、お台場で仲間3人とシュワシュワスイカを頂いたので、初めましてではないのですが、初めて書き込みます。
東京湾の深海ザメ、どんどんメジャーになって行きますね。
ちょっとハードル高いんですが、自分もいつかチャレンジしたいです。
それから、ポータルZの草魚の記事、読みました!
お台場では、釣れなかったプープーテレビの話をしたのですが、やりましたね!
巨大淡水エイまで釣り上げてしまった平坂さんでも、バクバクしましたか!
しかもその場で吊るし切りして(笑)食っちまいましたね!
いきものいきものを読んでは、いつもムラムラしているのですが、毎
日千葉から東京に通う総武線の窓からこの岸辺を眺めて行き来している自分としては、
もう出動するしかありません。

では、これからも楽しみにしています。

ジョンさん

はじめまして!
こんなブログですが楽しんで頂いてどうもありがとうございます。

北海道在住ですか〜。
確かにバラムツもマツダイも大アナゴも北国にはあまりいないかもしれませんね。
でも北海道は北海道で素敵な生き物がたくさんいますよね。

魚だと何と言ってもオオカミウオとオヒョウ!
それから背っぱりのカラフトマスやヒメマスもかっこいいですよね。
来年こそ初上陸したいものです。

バラムツやクロアナゴは船を出せば比較的簡単に釣れる魚なので、本土にいらしたらぜひ挑戦を!

澤田さん

はじめまして!でもないですね。

お台場でお会いした際のこと覚えていますよ!
サメ釣りやバラムツのお話もしましたね。

ガイドをつけて一発で「釣らせてもらった」釣りと
自力でポイントを開拓し、試行錯誤の末に獲物を仕留めた釣りでは
やはり後者の方が感動が大きくなります。

確かにソウギョなんて珍しい魚でもないし、エイと比較すると圧倒的に小さいです。
でも追いかけるプロセスがあったので、巨大エイにも劣らないほど喜べました!

関東という土地は、実は日本有数の巨大魚&珍魚スポットだと思います。
釣り人には沖縄や北海道にも負けない最高の土地ではないでしょうか。

僕はもう関東を離れてしまいましたが、いまだに名残惜しいです(笑)。

いつか釣り場でお会いしたいものですね。
今後ともよろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/53287450

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年6月の東京海底谷探検(深海魚釣り):

« マツダイ豊漁 | トップページ | 名護のキノボリトカゲビル »