« 深海ウオノエ (ホラアナゴノエ) | トップページ | マツダイ豊漁 »

2013年9月10日 (火)

スプーン(食器)でナマズ釣り

「魚釣りに使うルアーの起源はスプーン」という逸話を信じ、

デイリーポータルZに食器のスプーンを疑似餌にして魚を釣る記事を書いてもう2年以上になる。
http://portal.nifty.com/2011/04/12/a/

結果的にブラックバスとナマズ、それからミノカサゴを釣ることができた。
(ナマズやミノはまあ釣れてもまったく不思議でないが、バスが釣れたのは本当に驚いた。スレていない池で粘りまくったとはいえ、奇跡的だったと思う。)


1
糸やハリをつなぐ「アイ」という金具は接着剤で固定していた。魚とのファイトはもちろん、、水面へ投げるだけでも壊れないかヒヤヒヤだ。

だが、釣りをする人ならばこの疑似餌の制作方法が相当無茶だと一目で分かるはず。
力がダイレクトに伝わる箇所を接着剤で止めるなんてひどい話だ。
作りながらも「これは無いよな~…。無いわ~…。」と思っていた。

それでもなんとか魚を釣って結果を残したものの、この原稿を載せてしまってよいものかとずいぶん悩んだ。
もし真似て実験する人が現れた場合苦労するんじゃないかと。

まあ普通に考えればそんな人いないんですが、当時は「ルアーフィッシングの歴史に(ネタとして)残る実験だ!!」と浮かれていたので…。

で、今更ですが試行錯誤の末にジョイントの甘さを改善してみました。


Photo

柄に穴のあいたスプーンにスナップを取りつけてラインアイに!
ジギング用のアシストフックを直接結わえて強度アップ!


う~ん、釣り好き以外完全においてけぼり!
生き物ブログじゃなくて魚釣りブログみたい。

さて、御覧の通り以前にもましてかなり頭の悪そうなルアーですが、果たして魚は釣れるのか!?


Imgp0685_2

釣れましたー!!

さすがナマズ!期待を裏切らない!

まあ、タネを明かしてしまうと、ナマズというのは眼が悪い代わりに水の振動に敏感に反応して餌を探す性質があり、
口に入りそうなサイズで動く物体ならば何でもとりあえず口にしてしまうんです。

先日放送された某ドキュメンタリーでもミニトマトで釣りあげられてましたね。
驚いた人も多いはず。

こういう「魚の生態を読む」という要素こそが釣りの醍醐味だと思います。

ところでルアーとしてどれほど実用的かというと…
スプーンで上写真のナマズを釣るのにかかったのは約1時間半。その直後、市販のルアーに結び変えて10分足らずで立て続けに2尾が釣れました。
まあ、そんなもんです。
市販品には到底かないませんわ。

でもこういうアホな仕掛けで釣れた方が楽しいじゃないですか。
たかがナマズでも思い出に残るじゃないですか。

そういう趣向を理解できる人は、スプーンやトマト以外にもいろいろ試してみるといいかも。

そういえば管理釣り場用に極小のスプーン型ルアーなんて面白そうだと思うんだけど…
誰か作らないかな?

« 深海ウオノエ (ホラアナゴノエ) | トップページ | マツダイ豊漁 »

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして! デイリーポータルで平坂さんの記事のあまりの面白さにどっぷりハマってしまい、過去分も読み漁りここへ辿り着きました。釣り大好き、生き物大好きな自分にはクリティカルでした。 その知識の深さや、自然を大切にし、楽しむ姿にとても感銘を受けています。 これからも楽しみにしています!!

kaoruさん

ありがとうございます!
デイリーポータルでは釣りにこだわるつもりは全くなく、
むしろ生物全般まんべんなく扱いたいんですが、なんだかんだで釣りネタが多くなってしまってますー。

それだけ釣りが自然に深~く根差した遊びということかもしれませんね。

今後もブログでDPZで釣り大好き、生き物大好きな方々の琴線に触れる記事を描いていけたらと思います。

はじめまして
平坂さんの「いきものいきもの」やデイリーのやつとか毎回楽しみにしています!
一つ提案です。
スプーンをルアーにしていますがフォークではダメでしょうか?
カレー用フォークスプーンみたいのなら釣れそうです。
フォークの尖っているところを曲げて針の代わりにできないでしょうか?
楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/53215961

この記事へのトラックバック一覧です: スプーン(食器)でナマズ釣り:

« 深海ウオノエ (ホラアナゴノエ) | トップページ | マツダイ豊漁 »