« たぶん、人生の先輩(しーじゃー) | トップページ | おでかけしてきます »

2013年11月17日 (日)

ダイオウイカ&ダイオウホオズキイカ用釣り針

いろいろあって9~11月の間に沖縄に3回も行ってきました。

まだ暑さの残る沖縄では友人の結婚式や仕事などさまざまな用件を楽しみつつこなしつつ、
今年の元旦から温めていた企画の第一歩を踏み出すため、とある鉄工所を訪ねました。
これを作ってもらうために。

Photo
※中央は比較用のソデイカ針

ダイオウイカ&ダイオウホオズキイカ用釣り針(カンナ)!

1mオーバー、20kgに達するソデイカを釣る針がこんなに小さく見えます。
と言いつつ自分でもさすがに大きすぎたかなと思っております…。

特に左側のはちょっとやりすぎかな~。対人間用のインパクトは最高だけども。
どちらかと言うと右側の小ぶりな方が実戦向きかと考えています。

逆に「あんな巨大な深海イカを釣るなら、もっと太くて厳つい針じゃなくていいのか!?」という声も聞こえてきそうです。

でもいいんです。むしろもっと軸の細い針でもいいかも。
なぜなら釣り針よりも確実にイカの脚の方が弱いから。

巨大なイカの重みとパワーに負けて針や仕掛けが壊れることよりも、せっかく掛かったイカの脚がちぎれたり身が裂けて針が抜けることを心配するべきだと思うのです。

魚なら分厚い表皮と頑丈な顎の骨を貫通するので多少強引にやりとりできますが、軟体動物であるイカには骨がありませんので…。

まあ色々知ったようなことを言っていますが、こんなものも所詮は全部妄想。よくて推察でしかありません。

そしてこの二つの釣り針もまだまだ改良すべき点の多い試作品です。
針先の角度調整、自重をさらに軽く、上下段の針の間隔をより狭く、隣り合う針同士ももっと密に…。
実際に組み上がって見えてきた問題点もかなり多いです。
(実を言うと僕はイカ釣りの経験がほとんどありません。イカ釣りにお詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスを頂けるようお願い申し上げます)

協力してくださった鉄工所の技術(とこんなことにつきあってくださる遊び心)には目を見張るものがあります。
こちらの要望、改善すべき点を伝えれば現時点では完璧に近いものを作っていただけるでしょう。

一番の問題は、いつ小笠原に行ってどうやって実戦に漕ぎつけるかですね(笑)。

まあPCの前であれこれ悩む前に、とにかく早いうちにいっぺん行ってみないと!!

« たぶん、人生の先輩(しーじゃー) | トップページ | おでかけしてきます »

軟体動物」カテゴリの記事

コメント

すごいですね(ё_ё)平坂さんの本は発売されないんですかね?平坂さんのブログやデイリーポータルZの記事を読むまで知らない事ばかりで勉強になります。デイリーの記事も楽しみにしてます(^▽^笑)

>ゆかさん
まあ協力してくれる鉄工所さえあればここまでは誰にでもできるんですがね…。

本!いつか書きたいですねー。
小さい頃から叶えたいと思ってる夢のひとつです。
もしそういうことがあればこのブログで告知しますので、
何年後になるかわかりませんがお待ちください(笑)!

NHKでやってたダイオウイカスペシャル見ました?
参考になる事一杯有りましたよ

確か、仕掛けの針も映ってたかも

初めまして。
僕は兵庫県で漁協在籍の者です。いつも楽しく拝見させてもらってます。少し前ですが、僕の港でもデカイワニガメが猫の死骸をあさっていた と言う情報があり 市政に報告し捕獲に乗り出しましたが 結局 神戸の方が捕まえて 今は須磨の水族館にいるはずです。
それもデカかったですよ! いろんな生き物いますね。僕も実際同じ河川でアロワナ捕獲しました。まだまだ いるかもしれませんね。

夢が広がりますね!
自分のような怪魚や怪物を夢見る学生にとって平坂さんは希望です!
こんな生き方もあるのか!ほんと驚かされます!
平坂さんの釣り、国内外来種を探したりみんなが思いもよらないものを捕まえたり、憧れます!
ダイオウイカを釣る快挙!待ってます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/53964203

この記事へのトラックバック一覧です: ダイオウイカ&ダイオウホオズキイカ用釣り針:

« たぶん、人生の先輩(しーじゃー) | トップページ | おでかけしてきます »