« 一年の締めくくり | トップページ | 巨大ザリガニ ~タスマニアオオザリガニ~ »

2014年1月 1日 (水)

2013年の成果を振り返る

あけましておめでとうございます。
2014年が始まってしまいました。

というわけで2013年に出会った生きものたちを振り返ってまいります。

Imgp3389
1月 バンコクの外来魚たち

Img_1601

1月 静岡県三保のミズウオ

14
4月 横浜のカミツキガメ


15
4月 秋田港のミズダコ

P1080890
5月 横浜のアリゲーターガー

Img_0609
6月 初の竹筒トラップ コクロアナバチほか

11
6月 九州では初めてお目にかかったグッピー 別府と湯布院にて


Img_0443
6月 長野にてギンリョウソウ とよ田さん、お忙しい中ありがとうございました!

Fish1833

6月 東京海底谷のシマガツオ(エチオピア)


Photo_2
6月 東京海底谷にて超巨大アナゴ(ダイナンアナゴ?)

Imgp1352
7月 長崎 実ははじめて見たネブトクワガタ


55555555
7月 奈良のタウナギ

20
9月 東京の巨大魚・ソウギョ


12
9月 個人的にはカブトムシよりかっこいいと思うゴホンダイコクコガネ 某牧場地帯にて

01
9月 漫湖公園内ちょうちょガーデンにてオオゴマダラを呼び寄せる実験 職員さんおよびDEEokinawaのみなさん、ありがとうございました!


01_2
9月 沖縄のプレコ(マダラロリカリア) もう何十回も採ってるけどやたら反響が大きかったので…。

01_1
9月 石垣島 ハマサキノオクサンことトガリエビス そしてオジサンとコウコウセイも


Imgp0510
11月 沖縄のワニガメ 半澤さんはじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました!

Imgp1776
11月 沖縄のコンヴィクトシクリッド


Imgp1103
11月 タスマニア島の路上にて拾得したハリモグラ

Imgp1193
11月 タスマニアデビルの保護施設見学 ころころしてて全然デビルっぽくはない。


Imgp1371
11月 タスマニア 「old maid」と呼ばれていたナヌカザメの一種 確かにしわしわでおばあちゃんっぽい
Imgp1385
11月 タスマニア ホキ(これしか写真無かった…)

Imgp1396
11月 タスマニア ツノザメの一種

Imgp1376
11月 タスマニア グソクムシの一種

Imgp1467
11月 TVのロケで捕獲させていただいたタスマニアオオガニ(タスマニアキングクラブ)
制作スタッフの方々、カメラマンさん、現地のコーディネーターさん、John船長、そのほか大勢の皆さん、誠にありがとうございました!



以上かな?
感想としては魚が多い割に深海魚系は意外と少なかったなーといったところ。
やっぱり九州に越した影響でしょうね。

特に感慨深かったのは横浜のアリゲーターガー、そして何といってもバタバタと2連続で夢が叶っしまったワニガメとタスマニアキングクラブ!!

今年はこれらに並ぶ、あるいは超える感動は味わえるでしょうか?
正直難しい気もしますが、こればっかりは運というか巡り合わせ次第。

気合入れて頑張っていきますー。

« 一年の締めくくり | トップページ | 巨大ザリガニ ~タスマニアオオザリガニ~ »

その他雑記」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます!
いっきにたくさんの動.生物拝見させていただきました♪
これからも楽しませて頂きます。宜しくお願い致します♡

>はづきさん

ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします!

あけましておめでとうございます!
今年も(は?)宜しくお願いします!

まだまだ国内には感動できる魚(生き物)がいるはず!
あ、いや、ワニガメやキングクラブには及ばないかな…

今年もいろんな生き物捕獲して行きましょう!

>小宮くん

実際アリゲーターガーやワニガメも国内でしたしね。
まだまだ開拓の余地はあるはず!がんばりましょう。

遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。
年始ばたばたしていてご挨拶が遅れてしまいました。ごめんなさい。
タスマニアのグソクムシ…気になります…

余談ですが、ハマサキノオクサンはウオノエ持ちです。

ノエさん

いえいえ、こちらこそです…。
今年もよろしくお願いいたします。

タスマニアでは水深170~350mでカゴを沈めましたが、浅場ほどたくさん写真のグソクムシが入りました。

エビスダイの仲間にはやたらウオノエが着いていますよね!
昔、アカマツカサを3尾捕まえたらその全てが口の中に立派なウオノエを飼っていました(笑)。

あれから沖縄に行くたびにハリセンボンをチェックしているのですが、なかなかウオノエには遭遇できません。
ちなみに地元の人が言うには、ハリセンボンのウオノエは口腔内ではなく鰓の内側に着いているとのことでした。
そうなってくると確保が一気に難しくなりますね~(笑)。

アカマツカサ、貴重な新情報です。ありがとうございます。
ちなみにどこで採れたか覚えていらっしゃいますか?

ハリセンボンのウオノエは、体型からすると明らかに口腔型なのですが、興味深い情報です。ぜひ各地のウオノエ、探していただけると幸いです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/54459181

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年の成果を振り返る:

« 一年の締めくくり | トップページ | 巨大ザリガニ ~タスマニアオオザリガニ~ »