« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の7件の記事

2014年1月29日 (水)

牛柄の外来魚

本日これより沖縄から内地に戻ります。

昼間は半袖で丁度いいくらい暖かかったので、
気温差にやられて風邪をひかないか心配です。

かなり苦戦しましたが、とりあえず最低ラインの仕事はこなせたかなと思います。

Image

なかなか美味そうな肉のつき方をしてましたよ。

他にも、次回につながりそうなネタを確保!
今回は徹夜続きで辛かったので、次はまともなスケジュールで訪れたいです…。

2014年1月19日 (日)

また沖縄!5か月連続!!

9,10,11,12月と続いた連続沖縄出張。

年をまたいでまた今月も行ってまいります。
今回は別々の媒体用に2種の生物を取材する予定です。

それから、現地の友人夫妻に子供が産まれたので遊んでもらってきます!

またキングタコスにも行けるなー!!

P1150124

Imgp0027

P1150104

Imgp0052

P9210167

P1030514

この間まで「2013年は沖縄行きまくったから2014年は一度も行かないかもなー」と言っていたのですが…。

沖縄の皆さん、またお世話になります!
お土産、何にしようか…。

2014年1月18日 (土)

大村湾奥でスルメイカ

つい先日、長崎県は大村湾内のとある港を散策中に3匹のスルメイカが並んで漂っているのを発見し、とても驚きました。

というのも、大村湾は湾口が非常に狭いほとんど湖のような内海で、
スルメイカのような外洋に依存するツツイカ類はあまり生息していないためです。

一応記録があることは知っていましたが、遭遇したのは初めて。
しかもよりによって湾の最奥部、河口付近でした。

最近夜更かしが多くて疲れていたので見間違いかなと思いつつも、大急ぎでタモ網を用意。

3

掬ってみると本当にスルメイカでした。

たまたま帰り道で遭遇した漁師さんに見せるととても驚いていました。
やはり珍しいことのようです。

偶発的に迷い込んだのだと思いますが、大村湾にはモンゴウイカと、わずかばかりのアオリイカしかいないという認識を改めさせられました。

何でも過去にはソデイカも採れたことがあるとか…。

   
で、採ったスルメは持ち帰ってゴロ焼きでいただきました。


3_2
卵巣(チチコ)も肝と一緒に突っ込んで焼きました。醤油マヨでガツガツ食べます。

ゴロ焼きは作るのも食べるのも初めてだったのですが、今まで食べたイカ料理の中で一番好みでした。

僕はイカ刺がそんなに好きではないので、今後は新鮮なイカが手に入ったらコレで楽しむことにします。

2014年1月13日 (月)

キノボリベイビー

9月下旬に沖縄の国頭村でキノボリトカゲを見つけました。

キノボリは本島北部では珍しくないのですが、ここまで小さな個体は久しぶりに見ました。

Imgp2680

Imgp2682

Imgp2687

なかなかにフォトジェニック。
キノボリトカゲの産卵期は夏だと聞くので、こいつはきっとまだ孵化して数週間程度なんでしょうね。

久しぶりにキノボリトカゲを間近で見て、またそのうち草きれでトカゲ釣りをやりたいなと思ったり。


いや、次はロープを使ってミズオオトカゲ釣りがいいな。
沖縄の子供たちに釣らせてあげたい…。

Imgp3054

2014年1月11日 (土)

冬場でも、近場でも、

この時期は寒くてあまり生き物がいません。

この季節こそ深海魚を…といきたいのですが、そうそう遠出も出来ないので、
こういう時は散歩ついでに河口や港でおかずをとって気を紛らわします。

ここ数日だと大晦日に獲ったスズキは刺身と

1

マリネ的なものに。

2


あとアラは煮つけに、刺身の切れ端はお茶漬けにしていただきました。
旬の魚ではないのですが、釣りたては抜群に美味いです。

それから、旬でないからこそ味わえるおまけもあります。

Imgp1969
冬の雌スズキは卵を持っていることもしばしば。

子持ちはできるだけ逃がしてやるようにしているのですが、
今回獲れた個体はお腹周りがすっきりしていたので雄と判断してキープ。
が、意外にもばっちり詰まっておりましたので、ここは素直にありがたく煮つけで。

大変おいしゅうございました。
ごちそうさまでした。


近所ではスズキとクロダイくらいしか食べられる魚は見かけません。
でもそういう魚を探していてよく目に入るのがこの2種のカニ。


1_2
モクズガニに、

24

イシガニ。

河口の岸壁によくくっついていて、前々から気になってはいたのですが
この度初めて試食してみることにしました。


Photo

とりあえず味噌汁にしたら想像以上にうまかったので、今後は定期的に食卓に上ることでしょう。

小ぶりのものは唐揚げでもいいかも。

それから不思議なことに、散歩コースでみられるイシガニはなぜか雄ばかり。
雌はどこにいるんでしょうか。


56

モクズガニは雌もいます。
卵を抱えているので採れても逃がします。
魚と違ってその辺の判別が簡単なので気が楽かも。


さすがに地元では見知らぬ生き物に出会う感動はもう望めないのですが、
こうやって楽に美味しいおかずにありつける散策も悪くはない…かも?

2014年1月 8日 (水)

巨大ザリガニ ~タスマニアオオザリガニ~

さきほどテレビ番組で紹介されているのを見て
「そういえば」と思い出したタスマニアでの一幕。

せっかくタスマニアに来たのだから、タスマニアオオガニ(タスマニアキングクラブ)だけでなくアレも見ておきたいと空き時間に川へ。

Imgp1317

Imgp1330

淡水の巨大甲殻類、タスマニアオオザリガニ。
限られた時間では自力で発見することはできなかったけれど、同行のガイドさんがなんとか1匹捕まえてくれました。

(このザリガニは絶滅危惧種で、観察・捕獲にはライセンスを持ったガイドの同行が必須)

とはいえこれでもまだまだスモールサイズ。
いつか片手では持ち上げられないようなモンスターサイズをじっくり探してみたいものです。

というかこいつは数日の時間さえもらえれば、かなりの高確率でグッドサイズが撮影できるはず。

興味のある方はこちらのページを参照してみてください。

ちなみに生息環境はこんな感じ。

Imgp1312

見事なブラックウォーター。
いかにも他の生き物もたくさんいそうに見えるんですが、魚も小エビも驚くほど少なかったです。

まあ、狭い範囲しか観察できていないので豊かなエリアもあるのかもしれませんが…。
次回はぜひ(可能であれば)ガサガサも試したい!!

2014年1月 1日 (水)

2013年の成果を振り返る

あけましておめでとうございます。
2014年が始まってしまいました。

というわけで2013年に出会った生きものたちを振り返ってまいります。

Imgp3389
1月 バンコクの外来魚たち

Img_1601

1月 静岡県三保のミズウオ

14
4月 横浜のカミツキガメ


15
4月 秋田港のミズダコ

P1080890
5月 横浜のアリゲーターガー

Img_0609
6月 初の竹筒トラップ コクロアナバチほか

11
6月 九州では初めてお目にかかったグッピー 別府と湯布院にて


Img_0443
6月 長野にてギンリョウソウ とよ田さん、お忙しい中ありがとうございました!

Fish1833

6月 東京海底谷のシマガツオ(エチオピア)


Photo_2
6月 東京海底谷にて超巨大アナゴ(ダイナンアナゴ?)

Imgp1352
7月 長崎 実ははじめて見たネブトクワガタ


55555555
7月 奈良のタウナギ

20
9月 東京の巨大魚・ソウギョ


12
9月 個人的にはカブトムシよりかっこいいと思うゴホンダイコクコガネ 某牧場地帯にて

01
9月 漫湖公園内ちょうちょガーデンにてオオゴマダラを呼び寄せる実験 職員さんおよびDEEokinawaのみなさん、ありがとうございました!


01_2
9月 沖縄のプレコ(マダラロリカリア) もう何十回も採ってるけどやたら反響が大きかったので…。

01_1
9月 石垣島 ハマサキノオクサンことトガリエビス そしてオジサンとコウコウセイも


Imgp0510
11月 沖縄のワニガメ 半澤さんはじめ関係者の皆様、本当にありがとうございました!

Imgp1776
11月 沖縄のコンヴィクトシクリッド


Imgp1103
11月 タスマニア島の路上にて拾得したハリモグラ

Imgp1193
11月 タスマニアデビルの保護施設見学 ころころしてて全然デビルっぽくはない。


Imgp1371
11月 タスマニア 「old maid」と呼ばれていたナヌカザメの一種 確かにしわしわでおばあちゃんっぽい
Imgp1385
11月 タスマニア ホキ(これしか写真無かった…)

Imgp1396
11月 タスマニア ツノザメの一種

Imgp1376
11月 タスマニア グソクムシの一種

Imgp1467
11月 TVのロケで捕獲させていただいたタスマニアオオガニ(タスマニアキングクラブ)
制作スタッフの方々、カメラマンさん、現地のコーディネーターさん、John船長、そのほか大勢の皆さん、誠にありがとうございました!



以上かな?
感想としては魚が多い割に深海魚系は意外と少なかったなーといったところ。
やっぱり九州に越した影響でしょうね。

特に感慨深かったのは横浜のアリゲーターガー、そして何といってもバタバタと2連続で夢が叶っしまったワニガメとタスマニアキングクラブ!!

今年はこれらに並ぶ、あるいは超える感動は味わえるでしょうか?
正直難しい気もしますが、こればっかりは運というか巡り合わせ次第。

気合入れて頑張っていきますー。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »