« 2013年の成果を振り返る | トップページ | 冬場でも、近場でも、 »

2014年1月 8日 (水)

巨大ザリガニ ~タスマニアオオザリガニ~

さきほどテレビ番組で紹介されているのを見て
「そういえば」と思い出したタスマニアでの一幕。

せっかくタスマニアに来たのだから、タスマニアオオガニ(タスマニアキングクラブ)だけでなくアレも見ておきたいと空き時間に川へ。

Imgp1317

Imgp1330

淡水の巨大甲殻類、タスマニアオオザリガニ。
限られた時間では自力で発見することはできなかったけれど、同行のガイドさんがなんとか1匹捕まえてくれました。

(このザリガニは絶滅危惧種で、観察・捕獲にはライセンスを持ったガイドの同行が必須)

とはいえこれでもまだまだスモールサイズ。
いつか片手では持ち上げられないようなモンスターサイズをじっくり探してみたいものです。

というかこいつは数日の時間さえもらえれば、かなりの高確率でグッドサイズが撮影できるはず。

興味のある方はこちらのページを参照してみてください。

ちなみに生息環境はこんな感じ。

Imgp1312

見事なブラックウォーター。
いかにも他の生き物もたくさんいそうに見えるんですが、魚も小エビも驚くほど少なかったです。

まあ、狭い範囲しか観察できていないので豊かなエリアもあるのかもしれませんが…。
次回はぜひ(可能であれば)ガサガサも試したい!!

« 2013年の成果を振り返る | トップページ | 冬場でも、近場でも、 »

甲殻類」カテゴリの記事

コメント

私もテレビ見てました(*^-^)
流石、平坂さん!
やっぱり捕獲してたんですね。
私は、もしかしたら平坂さんが登場するかと思ってワクワクしてしまいましたよ(^-^;

いいなぁ。いいなぁ。タスマニア。
あの船には絶対に乗りたくないけど。
このザリガニ、少年たちの憧れ的存在やね!やっぱり、スルメで釣れるんかね?!
タスマニア、いつか絶対、海には潜りに行きたいです。!

>金の招き猫さん

僕が捕まえたわけじゃないんですよ。
ガイドの方が捕まえたものを持たせてもらっただけです!
今回はタスマニアキングクラブで手いっぱいでしたが、いつかはオオザリガニ狙いで再訪したいものです。

>不zさん

日本のザリガニ釣りのように見えている個体の目の前にエサを落とすのではなく、
遠くからおびき寄せるスタイルになるので、スルメなどの乾物より臭いの強い生魚などが圧倒的に有利かと思います。

タスマニアの海は素晴らしいです!
僕は一度も潜ってはいませんが、それでも豊かさを確信できるほどです。
ぜひぜひ一度出向かれてみてください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/54538530

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大ザリガニ ~タスマニアオオザリガニ~:

« 2013年の成果を振り返る | トップページ | 冬場でも、近場でも、 »