« 僕はまだダイオウイカを捕獲できない | トップページ | ホタルイカ掬いとアンコウ »

2014年3月19日 (水)

告知:週刊 日本の魚釣り オオウナギ編

この度記事を寄稿させていただいたアシェット・コレクションズ・ジャパン週刊 日本の魚釣り 第180号が発売となりました。

こちらの雑誌で筆を執らせていただくのは昨年の「東京海底谷の深海釣り」 に続いて二度目。

Photo

そして今週号で特集されているのはまずメバルとカマスのルアー釣り。
…ですが、僕がそんなメジャーターゲットを任されるはずもなく、担当したのは釣りの世界では完全にイロモノ扱いのオオウナギくんです。

純淡水域に大型魚の少ない南西諸島では、川釣りで狙える唯一の大物として人気のオオウナギ。

Photo_3
体型も生態もニホンウナギに似ているが、釣るとなると次元がまったく違うオオウナギ。

しかし、釣り方を具体的に解説した資料は少なく、釣り人は我流の置きバリ仕掛けで臨むことが多い現状。
この置きバリって実は効率が悪い上に針を飲まれやすく、オオウナギを傷つける原因になるんです。

しかも、捌くのが面倒くさい割にニホンウナギほどおいしくないので、ほとんどの釣り人はファイトを体で、そして魚体の迫力を目で楽しんだら即リリースしています。

ならば!というわけで今回はキャッチ&リリース前提で、いかにオオウナギに与えるダメージを軽減できるか。
そしていかにアタリを多くとり、確実にキャッチするかという二点に主眼を置いた釣法を紹介。
キャッチ率も、その後の生存率も置きバリより向上できます。

オオウナギ釣りには尋常でなく太く強い仕掛けを用います。
40号以上のハリスまでも普通に使う川釣りは日本中探してもこれぐらいでは?

もちろん、普通の個体はもっとライトな仕掛けで難なく上がりますが、

P1030838
このクラスとのファイトを想定すると、それも全く大袈裟ではないという…。
穴に潜られたらゲームオーバーなので、他の魚のようにドラグを活かして走らせる戦法は選べません。
こいつを一歩も後退させずに力任せに寄せなければならないのです。

必然、釣り針も釣り糸も「マグロかカンパチでも狙うの?」みたいなものを選ぶ羽目に。川釣りなのに。
(また、細い糸だとファイト中に掴むと手を切る危険もあります。これも太仕掛けを使う理由の一つ。)

昨年、何回も沖縄へ通い、現地の釣り師への聞き込みと実釣取材を重ねた集大成!
数ある釣りの中でもかなりマイナーなジャンルですが、興味のある方はAmazonから お手に取っていただければと思います。

オオウナギは南西諸島の河川では決して珍しい魚ではありません(というか夜に川を見回るとホイホイ見つかります)が、あまりずさんに扱うといつの間にか幻の魚に・・・ということになりかねません。

キャッチ&リリースの釣りを否定する気はありませんが、やるからには最大限の工夫をしたいものですね。

ちなみにこのオオウナギ、本土では個体数も生息地もかなり限られ、天然記念物に指定されている地域がほとんどです。

うっかりそういう場所で釣ってしまわないよう十分注意しましょうね。

« 僕はまだダイオウイカを捕獲できない | トップページ | ホタルイカ掬いとアンコウ »

その他雑記」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

こういう大物さんと身近で遊んで貰えるのはいいすなー。
末永くお付き合い頂くためにも付き合い方は考えないとですね。

あとイオンさんがこんなの売ってるようです。http://goo.gl/dZaU6T
なんで明太子じゃないのかと思ってたんですが、そういうことだったのかー。

はじめまして!
釣り雑誌でも個性的な魚ばかり扱ってるんですね(。・w・。 )
次はクロアナゴなんかどうでしょ??

metaborious P.I.Gさん

おー!>真たらこ使用

やはりこういう商品もあるんですね!
たぶんマダラの子を使った商品は身の回りにあふれているんでしょうね。
あの黒い皮を処理されると、僕みたいな素人にはとても見分けがつかないですが。

ENO-MOTOさん

まともな魚というかメジャーターゲットは釣り素人の僕が担当するメリットが無いですからね(笑)

この雑誌の恐ろしいところはクロアナゴなんてとっくに特集済なところ…!

他にもハクレンやテナガダコ、サメなどマイナー魚種がこれでもかと特集されています。

毎度同じような魚ばかり載っている釣り雑誌より、個人的にはこういうスタイルの方が好みですね。
書いてても読んでても楽しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/55428311

この記事へのトラックバック一覧です: 告知:週刊 日本の魚釣り オオウナギ編:

« 僕はまだダイオウイカを捕獲できない | トップページ | ホタルイカ掬いとアンコウ »