« ホタルイカ掬いとアンコウ | トップページ | 金属光沢のある虫をきれいに撮るのって難しいね »

2014年4月 8日 (火)

ドンコは良い魚。何が良いって川のハゼ科魚類なのに両側回遊しない純淡水性なところ!純淡水域のみで生活環を完結させてる淡水魚にはやっぱりたまらんものがあるね。

今年はまともに桜を見ておりません。
桜前線から逃げるように列島を北上し、再び九州へ戻ったのはもうソメイヨシノに若葉が目立ち始めた頃だったから。

というわけで春が来ました。
まだ寒い日も多いですが、そろそろ山や川でも生き物たちが動き始めるころ。

とりあえず近所の小川へ偵察に出てみました。

Imgp3177

川底にウシガエルが。
まだ寒くて寝てたみたいで、手で簡単に掬えました。悪いことしました。

Imgp3185

他にはモロコとカワムツ、タカハヤそして上の写真のウキゴリを発見。
でもこいつらは真冬でも普通に見られる魚。

暖かくならないとなかなか姿を見せないあいつらを探します。

Photo

西九州名物(?)ドンコ。
先日、友人が釣りで捕獲したと聞いていたので、興味半分で真似してみました。

話を聞いたときは「なんでわざわざドンコを釣りで…?」と思っていましたが、いざ試してみるとこれが実に理にかなっている。

タモで採るよりずっと効率が良いです。

ハゼ類は超至近距離から片手を使ってタモに追い込むか、小さな網を真上から被せて捕る事が多いのですが、川底に大きめの石がごろごろしている場所ではけっこう難しいのです。

というかこの寒い中、ガチンコで入水したくないですし…。

その点竿を使った釣りなら、魚影さえ見つけられれば岸から楽々キャッチできます。
立ち込み用装備は野鳥の会ゴム長のみでOK.。

ちなみに、一番でかい個体は飼育することにしました。

エサは一年中モロコやハヤの類が採れるので問題なし!
一番の気がかりはやはり夏場の高水温か…。

« ホタルイカ掬いとアンコウ | トップページ | 金属光沢のある虫をきれいに撮るのって難しいね »

」カテゴリの記事

コメント

ドンコやカワアナゴってヨシノボリ系には重厚感があって良いですよね!!
ウキゴリも12〜13㎝を超えた辺りから厳つい顔になるのも溜まらんです(特にオスの頭部が盛り上がった個体とか)
すいません自分ドンコバージンなものでドンコの画像を見たら興奮して初コメさせていただきました。

はじめまして。
以前、ピラニアに関する記事を拝見してからこちらに度々お邪魔しております。
わたくし九州の出でしてドンコは幼児期の貴重な遊び相手でした。
結構、模様や体色にバリエーションがあり、結構びっくりするような大きな個体もいたように思います。
また、ウシガエルを料理して出す料亭が昔は九州にはあって、捕まえたのを持ってゆくと買ってくれたこともありました。
わたくし、ピラニアに関するブログを運営しております。
こちらのブログをリンク欄に加えさせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
もし、ご興味あればわたしのブログにもお越し頂けると幸いです。
いつもさまざまな生き物と対峙されてらっしゃる管理人さまを応援しております。

最上ネ申さん

ゴロッとボテッとしてるのがいいですよね!

こっちにはなぜかあまり大きなウキゴリがいないんですよ~。
10センチ級ですら未だに見たことがありません。
厳つくなった個体を見てみたいものです。

西の方へいらっしゃる機会があれば、ぜひドンコに会いに行ってみてください!

オアナーザさん

はじめまして。
ブログ拝見しました!面白い記事を書かれているのですね。

今後、ピラニアに関していろいろと御教示ください。
分類をはじめ、分からないことがたくさんありまして…。

リンクに関してはご自由にどうぞ!

タイトルの長さに、バグかと思って再読み込みをしてしまいました(笑)

アユカケのトゲがないのがドンコですか?

naoさん

なるほど、長いな。
と思い、ちょっと短くしました!

そんな感じです!アユカケとよく似た印象の魚です。
どちらも石底の綺麗な川で小魚や小動物を待ち伏せて食べるような奴らですね。

ただ、アユカケはカジカの仲間でドンコはハゼの仲間という具合に、両者はそこまで近縁ではありません。
生活様式が近いと全然違う分類群でも見た目が似てくるのが面白いですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/55688833

この記事へのトラックバック一覧です: ドンコは良い魚。何が良いって川のハゼ科魚類なのに両側回遊しない純淡水性なところ!純淡水域のみで生活環を完結させてる淡水魚にはやっぱりたまらんものがあるね。:

« ホタルイカ掬いとアンコウ | トップページ | 金属光沢のある虫をきれいに撮るのって難しいね »