« 名前が分からない生き物募集 お答えします | トップページ | ムックと雑誌 あと明日から海外行きます »

2014年6月 9日 (月)

脚もげオオゲジと奇妙な漂着物  これ何?質問と回答 その1

募集していた「名前のわからない生き物」ですが、おかげさまで続々と写真が集まっております。

現在非常に忙しい時期でなかなか目を通せずにいますが、とりあえず早期にいただき個別回答できた分から紹介させていただこうと思います。
間違いがあったら教えてね。


・すぐに正体が分かったもの
ここでは頂いた写真の中から既に種名を知っていたもの、あるいはおおよその見当が付き、スムーズに検索できたものを紹介します。

まずは生物系の学生さんから頂いたカミキリムシの写真
Bpnjcteccaajmpu
こちらはキイロトラカミキリです。
僕も何度か見たことのある虫です。トラカミキリ系は比較的触角が短く脚が長いのでなかなかカミキリムシだと気づきにくいですよね。


続いての投稿者からは町田の山道で見かけたというこの虫。
Bpnl6c9cmaepoyi
これはワラジムシ…ならぬ
オオワラジカイガラムシかと。
こんな姿ですがカイガラムシ、すなわちセミに近い仲間です。
オサムシ類の幼虫と並んで「三葉虫みたいな虫がいた!」と騒がれがちなヤツです。



続いては獣のD.O.R(路上死体)。
10432269_247264665473859_1310498886
これはタヌキ!じゃなくてハクビシン!でもなくてニホンアナグマ!!
ハクビシンよりずんぐりむっくりしてて、尻尾も短いので慣れると遠目でも見分けられます。
狩猟免許試験でもこいつらの見分けは必ず覚えておかないといけないポイント。



続いては「これ何?」系の質問の常連。キセキレイがついばんでいたというこの虫は

Bpnlog4ceaase2c
脚が全部脱落したオオゲジです。
オオゲジは良くも悪くもそこそこメジャーな虫ですが、あの特徴的な脚が無くなるとガラッと印象が変わってしまいます。そのくせ、実はあの脚ちょっとした刺激でポロポロ落ちます。
一度この姿を見たことが無いとなかなか正体が分からず、生物に通じた人ですら戸惑いがちです。厄介ですね。



鹿児島の海へ行ってきたという方からは魚介系をいろいろと。
10417257_247263195474006_289643963_
ヒオウギガイ

10447186_247264668807192_1645639097
アカオビハナダイ
これはパッと見で「ハナゴイやハナダイの仲間だなー。」とまでは分かったものの、種名は分からず。
ネットを活用して調べました。
※当初誤って「アカオビハナゴイ」としていました。すみません。

10432257_247264662140526_1078589950
ヒメフエダイの幼魚
フエダイなんだけど妙にせっぱりなのでヒメフエと仮定して「ヒメフエダイ 幼魚」で検索したらそれっぽかったので、とりあえずそれとしておきます。


・ちょい手こずったor種名まではわからなかったもの
次は科・属レベルにまでしか落とせなかったものです。
分かる方いらっしゃったら詳細教えてください。

まずはまさかのケニア産の甲虫
Bpnooemccaiipvz
砂漠性のゴミムシダマシ科
…かなというとこまでは雰囲気でわかるのですが、そこから先が…。

石垣島の波打ち際で見つけたというこの綺麗なクラゲみたいな生物は
Imag0928
ミカドウミウシの一種
ってとこまでは推察できるんですが、具体的な種名は分からず。ダイバーさん教えてください。

10443905_247264675473858_292578970_

ハタ(ミーバイ)類の幼魚
チャイロマルハタかヤイトハタっぽい気がしますが、ミーバイベイビーはややこしいです。


・さっぱりわからなかったもの
最後に全然見当もつかなかったものを紹介します。手も足も出ません。
気になるからホント誰か教えて。

投稿者さんが1月、茨城県波崎町の砂浜で見つけたというこの物体。
Bpnlah5cuai1dwy

パッと見はマンジュウヒトデの乾燥死体かな?と思ったのですがよく見ると違う。
この時点で敗色濃厚でしたが、追加で別アングルからの写真をお願いしました。

で、届いたのがこちら。
Bpnnz03cqaagteu

Bpnn0bwcmaaqo5r

??
謎は深まるばかりだぜ…。

なんとなく、何の根拠もなく刺胞動物(イソギンチャクとかその辺の生き物)か?と思ったので、そっち方面に詳しい友人に尋ねたところ
死んで乾燥したイワスナギンチャクの群体かもしれない」という回答をもらいました。

曰く、「イワスナギンチャクは体の中に砂粒等をぎっしり取り込むので、死んでも組織が腐り落ちるまでは乾燥して砂岩のようになることがある」のだとか。
しかし、イワスナギンチャクは暖流域に分布する種で、北限は伊豆大島あたりまでだとも教えてもらいました。
だとするとこれも違うのか…?

うーん、わからん。
正解が分かる方はコメント欄ででも教えてください。お願いします。


質問はまだまだ溜まっていますが、今日は仕事が残っているのでここまで。
やっぱり楽しいですよ、この企画(僕だけが)。


謎生物は今後も継続して募集しますので、気になるブツを見つけたらどんどん送ってくださいどうぞ。
そして、回答や記述に誤りを見つけたらご指摘くださいどうぞ。
(ちなみに、6月中~下旬は海外へ出向いておりますので質問のチェックが遅れます。ご了承ください。)

« 名前が分からない生き物募集 お答えします | トップページ | ムックと雑誌 あと明日から海外行きます »

これ何?」カテゴリの記事

コメント

DPZの記事をいつも楽しく読ませてもらっています。
個人ブログでもここまで楽しく読ませてもらえるってのはホントありがたい。
この企画かなりたくさんの人が楽しんでると思うので、是非これからも更新して下さい!

さっぱりわからなかったものの最初の写真を見て
オニフスベとかそいういったキノコ(白いのではなく老菌のような茶色くなったもの)を思い出しました。
脚が全部脱落したオオゲジ、そうだったのですね!おもしろいし知ることができてうれしいです。
新コーナーとっても楽しいです。

初めまして、楽しく拝見しています。

一番最後の茶色の物体ですが、『ホコリタケ』というキノコの一種ではないでしょうか?

初めて、コメントいたします。DPZで拝見し、こちらにたどり着きました。最後の写真ですが、コツブタケではないでしょうか。自宅の庭に生えたことがあり、よく似ています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/56452412

この記事へのトラックバック一覧です: 脚もげオオゲジと奇妙な漂着物  これ何?質問と回答 その1:

« 名前が分からない生き物募集 お答えします | トップページ | ムックと雑誌 あと明日から海外行きます »