« 帰ってきました | トップページ | アフリカマイマイを美味しく食べるには »

2014年6月29日 (日)

けむしみたいだし、へびの小さいのみたいだしなんだかわかんない変な虫  これ何?質問と回答 その2

開始早々長らく放置、ホントすみません。

出国前に頂いた謎生物画像の回答をまた一部公開です(個別回答済み)。

たくさん溜まっているのですが、一度にまとめて紹介する時間が無いので今後は小出し気味にしていこうかなと思います。

今回も間違いがあったら教えてね。

・すぐ正体が分かったもの


まずはブラクリ仕掛けに掛かったこの魚。

Image

大きな口と鋭い歯がかっこいいアカエソです。

釣れた場所が和歌山ということでミナミアカエソの線も無きにしも非ずな気がしますが、万が一そうだった場合は当らずも遠からずだったということでご勘弁を。

つづいてはこの甲虫
Bpxugazccaawy6y

2紋型のナミテントウですね。単にテントウムシとも呼ばれる種類です。

普通種なのですが、同定の際にこいつに惑わされることは少なくありません。
ナミテントウは以上に模様や色のバリエーションが多いのです。
交尾している様子を観察しても、とても同一種とは思えないようなカラーパターンの組み合わせが存在します。

体色のメジャーパターンは地域によって傾向が異なり、たとえば私の育った九州ではこの写真のような黒地に2紋や4紋の個体が多いのですが、北日本では赤地に多紋の個体が多くなります。
なので、たまに九州で赤地・多紋型が出現すると「おっ、新種か!?」と子供たちの間で話題になったりします。
おそらくその逆のケースもあるでしょう。

続いてもう一種テントウムシです。

10423491_247263205474005_674155515_

こちらは日本最大のテントウムシ、オオテントウです。
こちらはなかなかレアな種類で僕もまだ見かけたことがありません。羨ましい。

次はイラストで頂きましたこちらの虫

Bpgdujdceaa3ann
すげえわかりやすい!コレはアレだ!
というか僕も子供の頃に同じ虫見つけて何かわからず図鑑で調べましたよ!
その時の経験が活きました。
これはハナアブ類の幼虫です。別名オナガウジ

これ、黒っぽくて表皮が固いやつはまだいいんですが、柔らかくて内臓が透けてるタイプは気持ち悪いんですよね。

汚水に棲む生物と言うイメージが強いようですが、止水であれば結構きれいな水の中でも見かける気がします。

・種まで同定できなかったもの

ここからはぼんやりした答えしか出せなかったものです。
上のハナアブもそう言っちゃあそうなんですが、元がイラストなのでそこはご愛嬌。

とか言ってたらデイリーポータルZライターの小堺さんからこんなイラストが来ました。
Bpse0iicuaavldp

小学生時代の文通相手からのお手紙に添えられたイラストだそうで。
微笑ましいエピソードですが、物と思い出を大切にできない僕からすると小堺さんの物持ちのよさに愕然としました。

さて「変な虫」とある問題のイラスト。パッと見体の前後に大きく反った角状突起がある蝶か蛾の幼虫のようです。

そこで真っ先にイシガケチョウの幼虫が脳裏をよぎったのですが、お手紙をよく読むと「なんか、けむしみたいだし、へびの小さいのみたい」とあります。


10

これがイシガケチョウの幼虫なんですが、角こそ一致すれどこいつを見てヘビを連想することはあるまいと思います。

というわけで件の絵の正体はスズメガ類の幼虫だろうとしておきます。

「具体的には○○スズメガでしょう!」とか「いや、スズメガじゃなくてアレだろう!」といったご意見があればお願いだからお知らせください。

それともうひとつイモムシ絡み
Bpx2l6iqaassb_
青いイモムシ自体ではなく、その背中に乗っている黒い粒々が回答すべき生物。
寄生蜂の繭であることは明らかなのですが、種名までは落とせませんでした。
ちなみに「オオシマカラスヨトウ(土台の青虫) 寄生蜂」というワードで検索すると同様の画像が見られます。

どなたかお詳しい方、正体をご存知でしたらご一報ください~。

« 帰ってきました | トップページ | アフリカマイマイを美味しく食べるには »

これ何?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/56647894

この記事へのトラックバック一覧です: けむしみたいだし、へびの小さいのみたいだしなんだかわかんない変な虫  これ何?質問と回答 その2:

« 帰ってきました | トップページ | アフリカマイマイを美味しく食べるには »