« 有明海のおいしい珍魚「ヒラ」釣りへ | トップページ | ハクレン »

2014年10月29日 (水)

深海欲

深海ぴあ」なるムックを読んでしまい、またも「深海欲」が疼き始めてしまっております。

Image

深海魚というと黒い、キモいというイメージを持たれがちですが、
このムックでは赤や白の鮮やかな漸深海性生物の写真が豊富に掲載されていました。
可愛いもの好きの女性も楽しめそう。

深海艇とかメカ的な要素や深海研究者へのインタビューなど生物以外のページも多かったですね。
僕は深海と聞くとすぐに「=深海生物‼︎」と脊髄反射で発想してしまうタイプなので、
そういう世界もあるのか!と感心してしまいました。

で、我慢できずに深海釣りへ出船したわけですが、
僕だけ船中でまさかのボウズ!
そう。僕だけ何も釣れなかったんですよ。
さすがに凹みましたね。泣きそうでした。

でも他のみんなは食いが渋い中でもボチボチ釣れていたのでまだ救われました。
これで全員ボウズだったらどんな空気になっていたか…。

Image_7

高級魚として知られるアコウダイとか

Image_3

これまた美味しいチゴダラとかね。

…でも、やっぱり俺も釣りたかったよ‼︎
ついてないなーと思ってましたが、今になって思い返すとあれは釣れなくて当然だなぁとも。

まず、乗船する全員分の電動リールと予備仕掛けを長崎から関東へ持参し、
横浜の倉庫へバッテリーと大量のオモリを取りに行き、そこから千葉の兄宅(宿代わり)へ戻り、
翌朝始発で磯子へ…。
という馬鹿みたいな行程で乗船にこぎつけたので、もうポイントに着く頃にはもうヘロヘロでした。

船酔いしていないだけマシでしたが、そんな状態では判断も鈍り、仕掛けの投入、交換にも精彩を欠きます。

特に今回は投入順が最後だったこともあり、実釣時間が結果的に短くなってしまいました。
ここは工夫次第である程度カバーできるポイントだったと思うんですが…。

と言うのも、よせばいいのに僕だけ妙な仕掛けを使ったもので沈下が若干遅く、
投入順の問題もあり、オモリの着底が10分前後も先頭投入者に遅れる有様。
長い時は13分も差がつきました。

今回は全部で8回仕掛けを下ろしたので、単純に計算すると僕は80分もアタリを待つ時間をロスした結果に
(実際にはアタリがあった人は僕より先に回収を始めるのでこれよりは短いはずですが)。

すぐに周りよりオモリを重くして沈下速度を速めてやればこのロスはここまで大きくならなかったはず。
疲れで頭も回らず手も動かず、せっかくの乗船機会をフイにしてしまったのは非常に残念。
正直言って悔やまれます。

必死になりすぎて結果的に釣れなくなるパターンですね。
船長さんも言っていましたが、「釣りは遊びなんだから楽しまないと」いけません。いろんな意味で。

帰り道は完全に困憊して電車内でダウン、日本橋で乗り換えるつもりが気付くと埼玉にいました。
はい。魚だけでなく終電も逃しました…。

そんなこんなで悲惨すぎたので、翌日は心を癒しに江ノ島水族館へ。

Image_5

やはり深海系の展示に目がいってしまいます…。

Image_6

「水族館で我慢しよう…。」のはずが完全に逆効果。
「早くまた船出したい!!!」

« 有明海のおいしい珍魚「ヒラ」釣りへ | トップページ | ハクレン »

」カテゴリの記事

コメント

先日、深海生物の話を聴く機会がありまして、見慣れぬ造形の生き物たちにわくわくしました。あの小説の元ネタはヨコエビなのか!等々、深海がちょっと身近になってきました。
平坂さんの記事もですが、好きな人が好きなものを熱く語るのを聴くと楽しいですね。素敵な生き物を釣り上げる記事をお待ちしています。

naoさん
深海の生き物は色々なもののモチーフになっていますよね。

今後も精進してまいりますのでご期待ください!

初めまして。ソウギョ釣りのページからやってきました。
こちらのブログを読みあさり、一気にファンになりました。
変な生き物が好きな人間にとって、深海魚の世界は楽園です。
今まで飼った事があるのはグソクムシとマツカサウオのみ。愛嬌があってとてま可愛かったですよ。
いつか深海魚の混泳水槽を持ちたい!これからも更なるご活躍を期待しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/57831486

この記事へのトラックバック一覧です: 深海欲:

« 有明海のおいしい珍魚「ヒラ」釣りへ | トップページ | ハクレン »