« 深海欲 | トップページ | 告知:雑誌「ソトコト・12月号」 »

2014年11月 4日 (火)

ハクレン

関東で半日使ってハゼやボラなどの小~中型魚を撮影しようと大河荒川へ。

ボラが溜まっているポイントで釣りをしようと仕掛けを投げ入れたところ、激しいアタリ。
それに続いて異常な引き。

「やっちまった!」と思いながら頑張って寄せてくると、水面に顔を出したのは大型外来魚のハクレン。予想通り。

Pa290524

針が胸鰭の付け根に引っかかってました。

どうやらボラの群れの下層に相当な密度で生息している模様。

肝心のボラは餌に見向きもしないし、これは体力だけ奪われるパターンだなと早々に撤収。
が、ポイントの近所に住む友人夫妻からは「ハクレン食べたい!」のリクエスト。

マジですか。

というわけで友人宅で解体。

Pb010901

が、二年ぶりに挑む三枚おろしで意外にも大苦戦。

こんなに解体難しい魚だっけ!?
完全にさばき方というか骨の入り方忘れてました。

…というわけで友人夫妻宅の冷蔵庫は現在ハクレンの切り身に占領されております。

果たしてどんな料理になることか…。

まあ、奥さん料理上手いし大丈夫でしょう。

« 深海欲 | トップページ | 告知:雑誌「ソトコト・12月号」 »

獲って食う」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私は小さな魚もうまくさばけないので尊敬してます!Σ( ゜Д゜)

いえいえ、尊敬だなんてとんでもないです!

ネットの記事や本では写真の撮り方で誤魔化してますが、
実際さばいてる現場はグダグダなんですよ。
魚の大小に関わらず。

今後は魚屋さんで魚を買う際も丸のまま持ち帰って解体を練習しようと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/57884857

この記事へのトラックバック一覧です: ハクレン:

« 深海欲 | トップページ | 告知:雑誌「ソトコト・12月号」 »