« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月の1件の記事

2015年2月17日 (火)

狩人バチに擬態するサシガメ

とっくにブラジルからは帰国していたのですが、今月に入ってから体調が芳しくなく、ブログの更新をはじめ諸々の活動が滞っておりました。

それもこれも、取材で使用したSDカードがその帰路で壊れてしまったのが始まり…。
人間、精神的なショックを受けるとハッキリ身体に出るもんですね…。

それはさておき、ブラジル滞在終盤にサンパウロ市内の公園で面白い昆虫を見つけました。


P1231117

低木の上を飛び回る狩人バチ…
だと思わされましたが、よくよく見ると体型がおかしい。
翔び方にもハチ類らしい重量感というか力強さを感じません。


P1231111

正体はサシガメでした。
見た目もさることながら、動きまでハチによく似ています。
普通、サシガメ類はこんなにせわしなく飛び回りません。


P1231121

腰のくびれまで狩人バチ的。


P1231143

P1231129

良い写真が撮れなかったのですが、翅を開くとさらに凄い!

後翅がごく小さく退化しており、まさにハチ!

こんなサシガメがいるんですねー…。感動です。

ブラジルあるいは南米といえば、猛獣や巨大魚などド派手な生物ばかり注目されがちですが、こういう小さな虫や雑魚、菌類などにこそ、その多様性の魅力が現れているのかもしれません。

しかし、サシガメも小昆虫にとっては狩人バチと同じく危険なハンター。
そして、鳥類や小動物などの捕食者にとっては刺毒持ちの厄介者。

ということは、このケースはミューラー型擬態に分類されるんですかね?

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »