« ワヤな日々 | トップページ | 雑魚オブ雑魚、オイカワの唐揚げ »

2015年6月24日 (水)

ほっかいどうでみたむし

北海道で驚いたのが、その辺をちょろちょろしている昆虫たちの名前がほとんどわからないこと。

だいたい「○○の仲間だな~」くらいまでは分かるんですが、標準和名が全然出てこない。ことごとく。

本州、四国、九州、沖縄では無かった経験だったのですごくワクワクしました。

…と言いつつ、今回は魚メインで訪れていたので残念ながらあまり写真を撮れず。

次回は北海道産昆虫のポケット図鑑でも持参して、ちゃんと撮影できたらと思っています。

P6121822
ネコヤナギには樹上性のヨツボシヒラタシデムシに

P6121789
エゾハルゼミ。ぱっと名前が出てきたのはこの二種くらいでした。


P6131960
河口の磯には大きなカワゲラ

P6131962
顔も翅脈もすごくかっこいい。甲虫的な雰囲気が強いからそう感じるのか。


P6131950
同じポイントでは海浜性のハネカクシ。すばしこい上にしょっちゅう飛ぶのでまともに撮影できない。


P6081113
川原に多数いたトンボ(サナエの一種?)

そうそう、川原と言えば…

P6081097

P6081095
尋常でない数のケバエが発生していました。

地元の釣り人も「こんなにたくさん沸いているのは初めて見た」と言っていたほど。
川面に落ちた個体をウグイらしき魚が食っていました。

しかし、これだけの成虫がいるということはちょっと前まであの気持ち悪い幼虫があちこちで大群を形成していたということでは…。

僕は割とそういうのも平気な方なんですが、その光景を想像するとさすがにちょっとゾワっとします。

« ワヤな日々 | トップページ | 雑魚オブ雑魚、オイカワの唐揚げ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1629239/60490538

この記事へのトラックバック一覧です: ほっかいどうでみたむし:

« ワヤな日々 | トップページ | 雑魚オブ雑魚、オイカワの唐揚げ »