« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年8月の2件の記事

2015年8月26日 (水)

川のサメ!川のエイ!川のGT(ロウニンアジ)!!

良くも悪くも何でもありの魚類相で有名な沖縄県の川ですが、今回も驚かされました。

まずは沖縄入りして間もなく、純淡水域まで遡上する例のあるエイ、「ツカエイ」を捕獲。



まあ、僕は取り込みを手伝っただけですが。

日本にもいわゆる「淡水エイ」の括りに入るエイがいるんです(僕たちが今回捕まえたのは汽水域ですが)。

Screenshot16


そしてこちらが今回の取材の本命、都市河川に侵入するオオメジロザメ。

Screenshot17

今回も国際通りでキャッチ!…収録後にね。



…事件はこのサメをとある住宅街で狙っている最中に起きました。


Screenshot15




仕掛け作りから取り込みまで、心から信頼できる友人とタッグで獲りました。



ロウニンアジ出ちゃった…。


しかもいわゆる「メッキサイズ」ではなく正真正銘「GT(ジャイアント・トレバリー)」と呼べる型が二匹も…。



こちらはふた回り小さな別個体。

最近、沖縄の釣り界で話題のリバーGTってやつですね。

前々から、「沖縄の川にはでかいガーラ(ヒラアジ類)が上がってくるぞ!」と聞いてはいました。

以前所属していた研究室からは、「ロウニンの成魚がいるらしい。標本欲しいな…」とも。




しかし、まさか自分が釣ってしまうことになるとは。


しかもサメの外道で…。




GTフィッシングには興味がありませんでしたが、フィールドが川なら話は別です。
しかも細い細い住宅街のドブ川(失礼ですが)ならなおさら。
これ以上は無いと断言できるほど嬉しい初体面となりました。



でも、実際はもっともっと大きな個体が遡上しており、専門に狙っている人もいらっしゃるのだとか。


たぶん、釣り人の言う「引きの強さ」で言うなら、こいつらが現状「日本最強の川魚」だと思います。

オオメジロザメの2メートル級が入っいるとなれば話は別ですが…。



※地域住民の方々、地元の釣り人さんたち、協力してくださった釣具店、各大学の関係者様方、誠にありがとうございました。


そしてお騒がせしてすみませんでした…。

なお、釣れたロウニンアジは、即座に琉球大学および鹿児島大学の研究者方が回収されました。


やはり、河川で得られたこのサイズの標本は学術的にも非常に貴重なんだとか。
将来の研究に繫がれば幸いです。

2015年8月 9日 (日)

ウミヘビ!真似しちゃダメ!

ただいま沖縄!

ウミヘビ捕ったりしてます。

Photo
急に足もとに来たので…

P8081005
クロガシラウミヘビかな?

ウミヘビを捕まえたのは久しぶりです。


ウミヘビには魚類(ウナギ目)と爬虫類(コブラに近い)とがありますが、
こちらは後者。

有毒です。

しかも神経毒。

決してこんな風に素手で捕まえたりしないように。
いや、そもそも捕まえないように。

危ないですからね。


…ところで、よく聞く「ウミヘビは小顔で口も小さいから人には咬みつけない」という説。

本当でしょうか?

P8081024

確かに胴~尾部の太さに対して頭部は非常に小さい。
モデル体型。

でも…。

P8081021

口は眼の後ろまで大きく裂けています。


これがガバッとワイドに開くので、下手に捕まえて弄べば指先や手の甲を咬まれる可能性は十分にあります。

咬まれると呼吸困難等を引き起こして死亡するケースもあるとか。

みなさんはどうか決して真似などなさらぬよう…。
真似する意味も無いので、要らぬ心配かと思いますが…。

また、特定動物なので飼育なども基本的に禁止されています。

さあ、この子はどうやって食べようか…。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »